『忍びの国』ネタバレ感想~その3~「日置大膳」

2017年07月17日 18:44

本日13回目を観る予定でしたが野暮用ができて行けず(;_;)
『忍びの国』サントラ聴きながら忍んでおります。

今日は日置大膳について…。映画を見て最初に泣いたのがこの信雄と大膳のシーンでした。こういう主従関係に昔から弱いんです。

また激しくネタバレですので下げます。




日置大膳。歴史の教科書では見慣れないお名前。原作者である和田竜さんは愛情を持ってこの人物を描いていらっしゃるように感じます。最初のオリジナル脚本では長野左京亮と大膳の役割が逆になっています。彼らのその後を考えるとこの映画のような描き方に落ち着いたということで、大膳がとてもかっこいい戦国武者になっています。

織田軍シーンと忍びのシーンでは全く違う2本の映画を観ているようでした。伊勢谷雄介さんもその佇まい、声、殺陣とどれをとっても素敵♪

いつも信雄の側に控える林豊前守と小滝新四郎。彼らは元々織田家家臣。長野左京亮が北畠具教に切られそうになった時、このふたりが刀に手を掛けた瞬間日置大膳は抜刀し、北畠具教を切ります。織田家家臣に切られるよりは我が手でという思いだったのだと思うと涙が・・・。

大膳は平気で二君に仕えるような武士ではないんです。それを強いた信雄に激しい恨みを持ってもしかたないこと。苦しい選択だったと思います。

ここで國村隼さん演じる北畠具教がすばらしい!剣の達人でもあり太刀さばきは重厚な時代劇の1シーンのようでした。あのジョン・ウー監督をして「君の眼が欲しい」と言わしめた鋭い目、にやりと笑った時のぞくぞくする男の色気。短いご出演でしたが流石の存在感!

「これより伊勢は織田家のものとなる。おのれも家臣を持つ身ならば、その者でもの安寧のみを考えよ。今後は織田家とともに生きるのだ」
名実ともに信雄の家来となれ、家臣の安寧のために復讐などしてはならない。これで良いのだ、という意味でしょうか。今際の際の主君の言葉。大膳は我を捨てて従うしかなかった。

その後、信雄に心から忠義を誓ったあのシーンはこの映画のクライマックスのひとつ。雄叫び上げる大膳に呼応していく家臣たち。私の最初の涙腺崩壊シーンです。知念侑李くんが信雄をヘタレに演じればこそのカタルシス。忍びとは全く違う死生観。金のためではなく忠義と誇りのために命を掛ける織田軍。本来時代劇ならこちらが主役でしょう。バックに流れるBGMもそのまま「日置大膳」!超かっこいい!!

長野左京亮かと見せかけて幟旗を一斉に変えるシーンも素敵だし、信雄を助けに戻って来るシーンも素敵。この映画でのかっこいい役割を一手に引き受けている感じの日置大膳。

無門を思って泣けて泣けてしかたなかった私は未だにラストを思い出すと泣けてきます。このお話のその後を考えるに無門は決してもう人は殺めていないと思います。人らしい仕事に就いたんじゃないかな。で、それを助けてくれたのが大膳ではないか、なんて妄想すると、無門の晩年は幸せだったと思えて辛さがなくなりました。単なる妄想だけど(笑)

ラストで大膳が「人でなしが人にでもなったつもりか」と笑いながら言いますが、少しは本気でそう思っていたのではないかな。自分に、平兵衛を伊勢に埋めてやってくれと頼んだり、信雄の命を助けたり。ちょっと人でなしでない片鱗が見えましたから。

原作にある『勢州軍記』によると大膳はその後「小牧・長久手の合戦」で信雄の家臣として、家康と共に秀吉と戦っています。合戦後、大膳の戦いぶりに惚れ込んだ家康から家臣にしたいと言われ、信雄は泣く泣く大膳を手放し、大膳は家康の家臣となったといいます。でも理由が分からないけれど大膳はその後まもなく死んだのだそうです。

もしかしたら大膳は「忠臣は二君に仕えず」の言葉どおり家康に仕えることを良しとしなかったために自害したのではないかと妄想しました。彼にとっての唯一の主君は北畠具教。その具教の遺言として信雄に仕えはしました。でもその信雄といつか袂を別ち敵となるであろう家康に仕えることは出来なかったのではないでしょうか。

そんな大膳が世を去る前に、無門親子を家康(あるいはその家臣)に引き合わせていたとしたら。そしてその忍びの術を買われ家臣に加えられたとしたら。無門はしがない忍びでも、その子は徳川の武士として成長したら…。そんなことを妄想しました。やはりあのラストは尾を引くのです。お国が大切にしたふたりの命。それをこの日置大膳によって救われたのなら、私の心の中で物語はハッピーエンド。

写真は映画公開前に大ヒットを祈願して大野神社に奉納した絵馬です♪
大野神社絵馬
スポンサーサイト

『忍びの国』ネタバレ感想~その2~「下山平兵衛」

2017年07月12日 21:18

暑いです!今日は『忍びの国』12回目を観て来ました。

劇場の入り口にポスターが!!!
えっ、これって「忍びの国 お忍びキャンペーン」でエリア1位になった劇場だけ贈られるスぺシャルポスターではないですか?
見れば「都道府県別1位」ってなっています。私の行く映画館は確かに1位でした。見られると思っていなかったのでびっくりしました。鑑賞前にテンション上がりました。
この「無門、感謝!!」って大野くんの書だと聞いたのですが、事実かどうか未確認。でもそれならこんなに嬉しいプレゼントないですよね。私も劇場に日参してポイントを入れた甲斐がありました。

無門感謝




さて、ここから激しくネタバレ。今日は下山平兵衛について・・・。















何度泣いたことか。無門VS平兵衛の「川」のシーン。

1度目観た時にはアクションにただただ圧倒されて息をすることさえ忘れるほど。確かに監督がおっしゃったようにこれ以上長いと観客がもたない。

何度も観るうちに、ふたりの心の声が聞こえてくるようで泣けて泣けてしかたがなかった。特にBGMが途絶えてからは苦しくなるほど哀しく切なく。

「川」の初めに無門の言う「わかった、わかった」は口先だけで平兵衛の命がけの願いを本当はわかってはいない。凛の命がけの願いを軽んじた無門を見ていた平兵衛も期待はしていなかったのではないでしょうか。

でも「伊勢の者の命を助けて欲しい」と願わずにはいられなかった平兵衛。彼もまた敵は無門でないことはわかっているんです。無門も操られた哀しい下忍でしかないとわかっているし。だから十ニ家評定衆に操られて殺し合わねばならないことにやるせない思いを抱きつつも戦うしかない。しかも絶対的に無門の方が強いことも知っている。人として死ぬために「川」に挑んだのでしょう。

苦無(くない)を交わすうちに、自分より断然弱いと思っていた平兵衛が思いのほか強いことに驚いたと思います。執念が人をここまで強くするのか、なかなかやるなという思いがあの笑みになったのかな。このふたりの表情がすばらしかった。

2本とも苦無を無くし素手で無門の苦無をつかむ平兵衛。この時あたりから無門の心が変わって来たように思います。平兵衛の十二家評定衆への怒りが理解出来たあるいは伝わったように感じました。

自分の苦無と平兵衛の苦無を持つ無門。忍者刀で応戦する平兵衛。この戦いは圧巻でした。刃の当たるカチンという音と共にギリギリという刃をこするような音。日本刀での殺陣とはまた違い見ていてもっと力が入るシーンでした。私の胃の腑までがギリギリするような感覚。

平兵衛の一瞬の隙をついて無門の苦無が平兵衛の腹を横に掻っ捌きます。それも同じところを3度。そしてダンスのように軽やかにターンして両手をクロスさせて平兵衛の体を切り裂きます。このシーンは残酷なはずなのに、とても美しく何度見てもほれぼれするシーンです。最後の力を振り絞って忍者刀の鞘で無門の顔を殴る平兵衛。鞘まで使って最後まで戦う平兵衛の執念に涙が出ました。と同時に、鞘を相手に投げるということはもう刀を鞘に納めることはない、との意思表示。負けを認めたことにもなります。避けない無門。この時の表情がもう全く大野くんじゃないんです。何かを悟った、平兵衛の命がけの願いの意味がわかったそんな無門の顔でした。わかったけれど自分はお前とは違う、そんなようにも見えました。

留めを刺された平兵衛は「これで人として死ねる」と…。「わかったからもう怒るな」と無門。ここで私の何回目かの涙腺崩壊。この「わかった」は平兵衛の怒りを受け止めたということなのだと私は思いました。決して人としての心を取り戻したのではない。牢屋で平兵衛に諭された時に「わかってたまるか」(この時の顔もいい!)と言った時の「わかる」ことととは違う。まだそこまでわかってはいない。心を開放して人の心を取り戻すにはまだこのあとの最も哀しい試練を待たねばなりません。

「こいつを伊勢の地に埋めてやってくれ。かわいそうなやつだ」忍びであり上忍の家の惣領として生まれながら人としての心を捨てられなかった平兵衛を、無門はかわいそうだと言ったのでしょう(※1)。自分のように捨てられれば楽だったろうに…。人として死ぬために信雄の命乞いをした平兵衛のその願いは叶えてやろうとした無門。それと同時に、信雄の首を今はどうでもよいと思うほどに平兵衛と同じく、自分達下忍やお国を危険な目に合わせた十二家評定衆への怒りが湧いて来たのでしょう。

平楽寺に戻って十二家評定衆のひとり森田浄雲を刺し殺すのに使った苦無が平兵衛のものだと知って私はまたここで涙・・・。「わかったからもう怒るな」弟の仇は取ってやる。その答えなのではないかと…。

この無門と平兵衛のシーンには3日間掛けたのだそうです。暑い中での接近戦は大変な緊張があったと思います。実際昨年の今頃のバラエティでは、大野くんが手に小さな絆創膏を貼っていたりしてファンは心配したものでした。スタントマンもほぼ無し、早送りの撮影ではなく逆に早過ぎるからゆっくりと言われるほど。ふたりの表情を見たら「保険(多分台詞で補うこと?」も理屈付けもいらなかったと中村監督がインタビューで言ってらしたように(買った雑誌が多すぎてちょっと出典がわからず。探します※2)ふたりの気持ちははっきりと観る者の胸に刻まれました。説明台詞を排除して、ただただふたりの演技だけで見せた凝縮された数分間。大げさではなく日本映画史に残る名シーンとなったと思います。

熱く、あまりにも熱く語ってしまいました(^^;

※1  これを書いた翌日に鈴木亮平さんがツイッターでこのように述べておられます。



※2  ありました!やはり映画のパンフレット。
川がうまくいかない場合の保険のセリフは、あちこちにちりばめていたんですが、川のシーンがうまく成立したので、そのセリフは編集で切りました。

『忍びの国』ネタバレ感想~その1~「つなぐ」

2017年07月11日 00:16

7月1日、待ちに待った『忍びの国』公開!しかも舞台挨拶のライブビューイングで私の「忍びの国祭り」は始まりました。

第1回目を観終わった直後の感想。いやぁ、面白かった!!期待以上!予告編の遥か上を行く本編!まだご覧になっていないなら是非ご覧ください!最低4回は泣きましたし、あのラストは監督、反則だぁぁぁって思いました。

激しくネタバレのため、ずっと下げます。ブログを書くのは久しぶりなので今のルール分からないけど・・・。












あのラストで私の涙腺は完全崩壊。原作と違う、聞いてないよ~、これは泣くしかないでしょ。

幼い忍びの「ねずみ」の手を引こうとする無門。振りほどく「ねずみ」。
嵐の主題歌「つなぐ」が流れ、とぼとぼ歩く無門と「ねずみ」。
そしていつしか「ねずみ」から無門の手を取る。ここで私は嗚咽して泣いてしまったわけです。

空白の2年の間、無門はどうやって生きて来たのだろう。
お国を失った悲しみからどうやって立ち直ったのだろう。

「決して死んではなりませぬぞ」と言ったお国の言葉通り、後を追いたいような悲しみの中を生き抜いて、お国が助けたかった命を繋ぐために「ねずみ」を助けに来た無門。
生活力の無さを叱られていたから、2年間きっと必死で働いて「ねずみ」を迎えようとしたのではないか。
親の愛を知らない無門が「ねずみ」を育てていくのは相当の覚悟がいったことだろう。
そんなことを想像したら涙が止まらなかった。主題歌「つなぐ」の二番の歌詞がそんな私をいっそう泣かせます。
♪あの時誓った 約束はLOVE♪

極めて映画的な絵になりそうな原作のラストを敢えて変えて、このような希望の持てるラストにしてくれたことに感謝したい気持ちでした。
人は人との温もりと愛がなければ人として育たない。
お国との愛を育むことは出来なかったけれど、「ねずみ」を育てることで無門は人として生きて行くことができる。
ずっと聞いていた山崎努さんのナレーションの人物がこの「ねずみ」であったことも衝撃でした。
1度目では分からなかった伏線。ちゃんと「私の育った・・・」と言っていることを2度目で知りました。
この「私」が誰かを気にしながら観るという楽しみもあったのに、1度目では全くここに気づいていなかったことが残念ですが。

ほんと、ヤラレました。

まだまだ書きたいことはいっぱい。
だって公開から9日間で11回も観たんです(#^.^#)

観る度に新しい発見、新しい感情が沸き起こって。
多分無駄な説明台詞がないからじゃないかな。俳優を信頼しているからこその演出だと思いました。
それに見事応えた大野くん!

「役作りしていない」なんて絶対にない。きっと役作りじゃないのでしょうね。無門がそのまま降りて来たのだと思います。
あそこには大野くんはいなかった。あんな目をした大野くんを見たことないし、あんな慟哭する声を出すなんて信じられなかったし。
何度も何度も台本を読み込んで役を自分のものにしたのだと思います。ファンの贔屓目と笑うなかれ。ジャニーズだと侮るなかれ。

まずラストの感想を書くなんてという感じですが、やはりここが衝撃だったものですから。

日置大膳とのこと、下山平兵衛との死闘のこと、林豊前守のこと、北畠具教、織田信雄、伝吾、利助…etc。ぼちぼち書こうと思います。
忍びの国ポスター

5年ぶりに再開です♪

2017年07月10日 23:37

ブログを更新するのは何年ぶりだろう。私をブログと向かわせたのは、7月1日に公開された『忍びの国』の感想を書きたいという熱い想い。

SNSはmixi、Fasebook、Instagram、Pinterestと色々登録してそれぞれのメリットも感じているのだけど、結局今でも日参し活用も発信もしているのはTwitterだけ。私の性に合っているみたい。

Twitterではネタバレが難しいため久しぶりに映画の感想を書いてみようかなってことで。

その前に…。

2016年『世界一難しい恋』で嵐の大野智さんにド嵌りし、嵐のファンクラブにも入った。この年でジャニーズアイドルに嵌るとは思っていなかったので自分でもびっくり♪今は寝ても覚めても大野くん、ときどき嵐な毎日です。
忍びの国

ファミマとローソン

2012年07月20日 21:35

こちらも予約完了!

ローソンチケット

ファミマ.com

チケット確保!

2012年07月20日 21:28

IMG_0092.jpg

チケット確保

2012年07月14日 21:29

IMG_0092.jpg

iCloudと戯れる・・・

2012年07月03日 16:13

ん、もう~。今日は出かける予定がないから、じっくりと失った2年間の携帯の連絡帳アドレスを、コツコツ入力しようPC起動しました。iCloudの連絡帳でやれば打つのが速いわと、iCloudを起動したのですが、まさかのトラブル!「コンタクトが予期せず終了しました」とか言うのです、ったく。

ブラウザがsafariじゃないからダメなのか、と思いsafariをダウンロードして使ってもダメ。iPhone側とPC側双方で「ON」「OFF」を繰り返してもダメ。outlookの設定を替えたり、ログイン、ログアウトを繰り返してもダメ。万策尽きました。

そして伝家の宝刀「iPhone再起動」わぁぁ~ん、すんなり同期してる~。ということでいつものように「リブート」という原始的な処置はここでも有効でした。でももう連絡帳をいじっている時間がありません。

新城賢太郎さんの役職は???

2012年07月02日 15:13

さて新城賢太郎が出てくる!という情報の出所を書くのを忘れていたので。

6月25日(月)フジテレビ (まさかの)『めざにゅ~』4時18分
沖田、室井、新城と三人が並んでいます。

そこでまた気になる新城さんの階級と役職。
画面で見ると階級章は3本ライン。金と銀のツートンなら警部ですが、まさかそんなわけはない。
ならば金色で3本ライン?それならば室井さんと同じ警視監ですよ!!
『容疑者 室井慎次』後もしかしたら降格したかなと心配だったのですが、順調に昇格でしょうか?

階級は「警視監」として、役職はなんだろう?
「警視監」は38人いますから。室井さんは『OD3』と同じく「官房審議官」みたいですし、それよりは後輩にあたる役職でしょう。などと妄想しているのが楽しい今の時期です。

踊る大捜査線ラストダンスへのカウントダウン

2012年07月02日 12:14

 もうすっかり放置状態のこのブログ。そうこうしているうちに、私の許可もなく『踊る大捜査線』がファイナルを迎えるという情報が入り、少し虚脱状態でした。あんなに期待していたのに『OD3』に新城賢太郎さんが出なかったという苦い経験もあり、ファイナルなのにあまり気が乗らない始末。情報をほぼ遮断してしまっていました。

 それがそれが、ここにきてまさかの「本店揃い踏み」情報!!!関西ではその映像を見ることは出来なかったのですが、心優しい踊る大捜査線ネットワーク捜査員さんに助けられ情報の裏取りも即座にできました。あの朝はもう涙涙。こんなことにこんなに泣く自分がおかしくってまた笑い泣き。

 それでもこのブログに書く気にはなれず、というか全く忘れていたというか。管理者のページにも入れないし・・・。それがここに来て2度、たった2度ではありますが、ず~っと過去の記事にコメントを頂きました。そのコメントを承認し、お返事を書くために、忘れてしまったパスワードなどをなんとか見つけ出し、ここのまた来ることが出来ました。ツイッターもフェイスブックもいいけれど、やはりここに書かないとファイナルは迎えられないな、と。
 
 そんなわけでまたツラツラとこちらに書いておこうと思います。長い文章を書くのは最近あまりないので、書き方を忘れてしまっていますが、何とかボチボチと。踊る大捜査線への愛と室井慎次さん、新城賢太郎さんへの愛を熱く