スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタバレ注意。『アンフェア THE MOVIE』推理もどき

2007年04月10日 12:31

20070409152736.jpg




昨日に続きしつこく行きます。『アンフェア THE MOVIE』。
がんがんネタバレなので、ご注意下さい。











昨日mixiの方で、マイミクのLさんと盛り上がり、その際貴重な意見を貰ったことから、妄想がどんどんと広がって行きました。疑問に関しての自分なりに推理してみたいと思います。

今回の映画には出演していない、雪平の元夫佐藤和夫。出演はしていませんが、かなりキーパーソンなのかもしれません。美央ちゃんを雪平が預かっている理由が佐藤が海外に出張しているから。そして80億円の送金が海外から・・・。これって何か関係がないでしょうか?

基本的に私は佐藤を疑ってはいないので、彼が黒幕であるとは思っていません。もしかしらた佐藤も警察の不正を暴く情報を得に海外に取材にいったのかもしれない。

そして、雪平がラストに斉木から受け取ったUSBメモリ。これは蓮見が斉木に渡したものと同じ物だったのでしょうか?斉木は多分あの場所に幸平がやってくることも、またあの場所で自分が狙われることも知っていたのだと思います。次長から「強制送金」された80億円は多分斉木が指定した口座に入っているのでしょう。

斉木はその口座のことや犯罪被害者救済のためにこれを使用して欲しいというようなことをUSBメモリに入れて雪平に渡したのではなかったでしょうか?かつて安藤がDVDで雪平に教えたように・・・。そして雪平は佐藤に頼んで海外から匿名で寄付させた?


加藤ローサが演じる看護士も本当に射殺されているのでしょうか?銃声は聞こえましたが、死体は映ってはいませんでした。美央ちゃんを他の患者から隔離し、病院内に留めるという指示を受けていたのではないでしょうか。このことによって雪平をおびき寄せる。

昨日疑問として書きましたが、雪平を何故殺さなかったのか?警察の不正を暴きたい者たちは、雪平を目撃者にしなければならなかったから。閉鎖された中での警察OBによ警察をターゲットにしたテロ行為。これは多分外部には漏れないように処理されてしまう可能性があります。雪平ならば真相を究明し世の中に知らしめてくれると考えたのでしょう。

またパンフレットには斉木の婚約者・葉子は後ろ姿だけで女優の名前がないんです。これも疑問。

そしてX・Yと来てまだZが出ていない。これはまだ続きがありそうです。

どこにでも出てくる検視官の三上薫はやっぱり怪しい・・・。パンフレットによると「働かなくてもお金がある男」で「あらゆることに精通している」らしいですし。

スポンサーサイト

ネタバレ注意!『アンフェアTHE MOVIE』

2007年04月09日 15:28

20070409152736.jpg




やっと7日(土曜日)に観て来ました『アンフェアTHE MOVIE』!

ドラマシリーズもSPも全く観ていない主人で、しかも二日酔いなので「寝ててもいい?」なんてはじまる前は言っていたのに、しっかり最後までお目目パッチリで観てました。かなり面白かったということでよかった♪

いつもは映画を観る時には小さなメモ帳を持って、疑問点や興味ある台詞をこそっと書きなぐるのですが、今回筆記用具を忘れてしまって細かい台詞を覚えていないのが残念ですが、感想行ってみよう~。

ここから激しくネタバレです。物語の核心にも触れると思いますので、まだご覧になってらっしゃらない方はどうぞ読まないで下さい。そして、出来れば大きなスクリーンで是非ともご覧下さい。








最初から興奮しっぱなしで、身を乗り出してしまうので一緒に行った主人から注意を受けるほど。私の好みにバッチリ合う映画でした。とにかく展開が速くモタつくところも中タルミもない。絶対にトイレには立てない映画です。

これは日本の警察では処理は無理だろうと思えるような展開ではありましたが、警察の域を超えて自衛隊が出てくる寸前のところで止めている感じです。犯人が警察のOBでありターゲットも警察。舞台も警察病院ということで、これはありかなぁって思わせてくれるあたりが設定の上手さ。

死屍累々とするSAT、問答無用で射殺するシーンには少し疑問も感じたのですが、もともとドラマでも『アンフェア』の世界はそんなハードボイルな雰囲気でしたので、映画でそれが拡大されたのは当然と言えば当然なのでしょう。物語が進むに連れてそれが快感に変わって行くのがちょっと怖い。でもこれはあくまでも虚構なのですから。

実際に現行では警察は威嚇射撃なしに発砲をすることを許されているわけです。

過去に私が書いたものからの引用。
警察官職務執行法7条で警察官の武器使用は厳格に規制されていましたが、国家公安委員会規則が2001年11月9日に改正されました。
施行は翌月の1日から。この改正規範により、「緊急時などには射撃の予告や威嚇射撃を要しない」との規定も明文化。
さらに銃を撃った際はすべて警察本部長と警察庁に報告するよう義務付けていた従来の規定も、改正規範では、人にけがなどをさせていない場合には警察庁への報告を免除し、現場の事後処理を軽減しているのです。

ドラマの時からそうでしたが、雪平はこの改正規範に則って撃ちまくります。この点に関しては議論の余地もあるところですが、邦画で警察を描く際にはよりパワフルでハードボイルドな世界が描けるようになったわけです。
こういうこともあるのだという、いわゆる踊る大捜査線で言うところの「あたかもリアリティ」がちゃんと成立しているのだと思います。

私はオドラーとしてこのあたりを『踊る大捜査線』では描いてくれないもどかしさがあったのですが、ないからこそ『踊る大捜査線』だったのだと言えるのかもしれません。同じ警察を描いていながら、その陽と陰という対極に位置するのがこの『アンフェア』の世界観だと思っています。そしてそのどちらも私は好きなのです。

『踊る大捜査線』が出たところで、ちょっと回り道(笑)。

島津さん、偉くなったんだわ~!!
浜田晃さん。『アンフェアTHE MOVIE』ではなぁんと登りつめました。警察庁長官!
『踊る大捜査線』のテレビシリーズでは警視庁刑事部捜査一課課長。『容疑者 室井慎次』では警視庁生活安全部部長。階級は警視長。

大杉漣さんも『アンフェア』世界ではご出世。警察庁次長。指定職9号、階級は警視監ということになり、指定職10号の警視庁の警視総監(階級も警視総監)に次ぐナンバー3です。警視庁の副総監は必ずしも次に警視総監にはなりませんが、警察庁次長は何事もなければそのまま警察庁長官(指定職11号 階級外)になれます。今回長官が亡くなったので、ことが内部で処理されれば、このまま長官になったのかもしれません。

漣さんは『踊る大捜査線』では横山邦一役。『THE MOVIE』では警視庁公安部部長。『容疑者 室井慎次』では警察庁警備局公安課課長。階級は警視長。

あとは、ドラマシリーズから『踊る大捜査線』と共通出演ということで注目していた雪平の娘・美央役の向井地美音ちゃん。『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』のすり一家の娘・里香子ちゃん。

脱線しすぎてしまいました。踊る大捜査線に関してはまだまだ熱いもんで(^^;

テロリストが被り物をしているところは、ジャッキー・チェン主演で私の大好きな『香港国際警察』に似ているな、と思いましたし、この映画の日本版ポスターやDVDパッケージと『踊る大捜査線』のポスターが似ている点が以前から指摘されていましたが、『アンフェアTHE MOVIE』のパンフレット表紙もとてもよく似ています。これは意識したものなのでしょうか?制作者に亀山千広氏も名を連ねてらっしゃるので、さもありなんとも思うのですが・・・。

一度観ただけで納得するのは困難な映画ではあったと思います。いくつか疑問点がありますが、そのウチの殆どは映画でははっきりとされてなかったのではないでしょうか?それとも私の見落とし?

私は臆病なので、普段はネタバレをガンガン読んでから観にいくのですが、この『アンフェア』だけは二転三転する展開、謎が謎を呼ぶ展開が快感なので、事前に一切の情報を排除しましたので、観る視点が間違っているかもしれませんが、疑問点を列挙してみます。

○三上薫が斉木陣の過去の出来事を知っていた(多分)のは何故?

○蓮見杏奈は何故三上薫を殺さなかったのか?

○斉木陣はどのようにして後藤国明にSATの情報を与え得たのか?第二陣のSATがどこから進入するのかを斉木は知る立場にあったのか?作戦会議の際にこれは話題になっていたのかな?

○斉木と後藤が15時56分時点で共犯であるならば、二階治療室にて取引をする際に、こんな茶番を演じずとも目撃者である雪平を殺せばよかったのではないか?雪平を生かしておいた目的は何?

○後藤が死んだ後、地下シェルターで後藤の部下たち(元SAT隊員)が雪平を射殺しようとするが、この命令を下したのは誰?斉木?

○後藤の最期の言葉「山路、これでよかったんだな・・・」(正しく覚えてません。すみません。)の意味するものは?細菌兵器で東京都民を殺すことなく終わったことを言っている?警察の裏金情報を白日の元に晒すことが出来たから?であるならば、山路もある意味共犯か?

○裏金情報は、広く国民には知れ渡らず警察内部で緘口令が敷かれた?この問題は依然として警察の機密事項として実際には白日の下のに晒されてはいないのか?

○斉木が会おうとしていた政府高官とか誰?警察の不正に手を下せるというのは・・・。

○斉木を狙撃したのは誰???

最後の疑問に関しては、答えは用意されていないのではないかと思っています。普通に考えれば警察上層部。入江次長が順当に長官になっていたとしたら、彼の差し金かと思うのですが、斉木が会おうとしていた政府高官筋というのも怪しいです。

『アンフェア』は元の小説から離れて、「警察のアンフェア」に対する内部告発というテーマに絞られて来たように思います。この点を確認するために、今一度『アンフェアSP暗号解読』を観直したい。裏金はすべて被害者救済の基金(正しくは覚えてません。すみません。)に寄付されたにせよ、裏金問題を含め警察の不正が書かれている極秘文書はまだ明らかにされていません。なので私は『アンフェア』はこれで終わりではないと確信しています。

その時にまた、雪平は同志や愛する者に裏切られるのかもしれません。シリーズ、SP、映画と雪平は裏切られ続け、それでもなお正義のために戦おうとしている強い女性。今回女性というよりも母親である彼女を前面に出そうとしたようですが、私は彼女に母性よりも強く父性を感じました。かっこいい!雪平をまだまだ観たいです。

エンドロールが終わるまで席を立たないで下さい、とめざましテレビなどの番組で篠原さんが言っていたので、私も勿論しっかり最後まで席を立たずにみました。後ろで観ていた二人連れが「なんだ、最後まで観ろって言ってたのにこれだけ?」なんて言う声が聞こえました。その方達はスナイパーが誰かが分かると思われたのでしょう。

私は『アンフェア』らしい終わり方だ、と感動しました。死体の形になって空をみつめ、「きらきら星」を歌う雪平。あぁ、いつもの雪平のポーズがやっとここで観られた、という感動でした。雪平にはこれからも、強くそして哀しくそしてクールに、正義の味方であって欲しいです。

なんだか書き忘れていることもあるような気がしますが、こんなもんでしょうかね。

写真はパンフの中身をチラッと。そしてスポットライトを浴びているのは私の大切なモデルガン。「Brouning Hi-Power CANADIAN No.2Mk1」です。
この銃は、『ビバリーヒルズコップ』のエディー・マーフィーが本編最後の方の豪邸での銃撃戦で使用したのと同じモデルです。ポスターでも確か確認出来るのだそうです。
あと、イギリス軍特殊部隊「SAS(スペシャル・エア・サービス)」が正式装備としていまだに使ってるようです。イギリス植民地時代では「香港SWAT」でも使ってる所が有ったそうです。中国返還後はどうだか知りません。

アンフェア the special 『コード・ブレーキング―暗号解読』(仮)

2006年08月16日 12:19

私が今年一番はまり込んで、最後ちょっと「?」だった『アンフェア』がスペシャルで帰って来ます

【キャスト】
雪平夏見(ゆきひら なつみ)/捜査一課刑事  …  篠原涼子
安藤一之(あんどう かずゆき)/捜査一課刑事・死亡  …  瑛太
小久保祐二(こくぼ ゆうじ)/捜査一課管理官  …  阿部サダヲ
蓮見杏奈(はすみ あんな)/捜査一課情報解析係  …  濱田マリ
             ・
三上薫(みかみ かおる)/検視官  …  加藤雅也
             ・
山路哲夫(やまじ てつお)/警視庁・特殊班  …  寺島進

安藤刑事が死亡なのは寂しいですが、他は皆さんご出演ということでこれは期待出来るかも。山路さんは管理官ではなくて警視庁の特殊班なのですね。


安藤一之(瑛太)刑事の死から9ヵ月後という設定なので、前回不完全燃焼に終わったところはそのままのような気もします。でもちょっと安藤も関ってくるような気も…。

とにかく10月3日、楽しみにこの日を待ちたいと思います!一日だけのスペシャルなので、ネットで自分勝手な推理を書けないのが残念ですが…。この視聴率がよければ来年の続編も有りでしょうか?

『アンフェア』このままでは終わらせない

2006年03月22日 12:23

遠征に行く息子の朝食作りのために今朝は4時半起きでした。眠い…。
でも頑張って昨夜『アンフェア最終回』をリアルタイムで観ました。
っで、観終わった後しばし言葉もなく…。脱力感とともに眠りました。

これだけ広がった展開をどう収束するのか、お手並み拝見と生意気なことを思っていたのですが、疑問だらけで不完全燃焼です。
安藤の犯行をエンドロールでの映像で片付けてしまうのは卑怯ですよ~。
せめてサイトの仲間が如何にして集い、安藤は彼らに如何にして指示を与えたのか、そしてどうやって安藤は捜査の合間に犯行を行えたのか、を時系列で明らかにするのがフェアだと思います。
『アンフェアスペシャル~安藤一之、その愛と復讐』なんかを制作して下さい!
もしかして、これが制作者の意図?
公式サイトの相関図で安藤が死亡扱いになっているのがちょっと哀しいです。

疑問点を箇条書きにしてみます。

○雪平は何故射殺するのか?
2001年11月9日に拳銃使用規制が改正され(施行は翌月の1日から)この改正規範により、「緊急時などには射撃の予告や威嚇射撃を要しない」との規定も明文化されました。
さらに銃を撃った際はすべて警察本部長と警察庁に報告するよう義務付けていた従来の規定も、改正規範では、人にけがなどをさせていない場合には警察庁への報告を免除し、現場の事後処理を軽減しています。
この点を踏まえれば、雪平が凶悪な犯人に対し、威嚇射撃なしに発砲することも今では正当なわけですが、犯人が銃ではなく広田や瀬崎のようにナイフで脅している時に、明らかの急所を狙っての発砲はあまりにも無謀過ぎると当初から思ってはいました。
でもこのドラマに関してはそんな所のリアリティを私は求めていなかったので、問題視は全くしていませんでした。
でもでも、三人も射殺というのはちょっと…。

○瀬崎が愉快犯的に殺す相手を選んだ中に 松本理恵子が含まれていたのは安藤の指示だと思うのですが、何故瀬崎は本当に森川を殺したいのなら雪平の前で殺そうとしたのか?
瀬崎は雪平を恨んでいるわけではないのだから、雪平に5年前の事件を思い出させるためというのでは犬死になってしまうと思うのですが…。

○募金方誘拐で儲けた人間はいない?
単に広真建設を倒産に追い込むためだけの仕手戦だったのでしょうか?

○第一話で安藤は雪平を殺そうとしたようですが、何故その後は直接手を下すことよりも周りから攻めて行く方法を取ったのでしょう?
残酷ですが、美央ちゃんを殺すことが一番雪平への復讐になっただろうと思います。

○新宿中央署の地下2階に美央ちゃんと牧村を導けたのは誰なのでしょう?
山路管理官の不倫相手であった蓮見は山路の隙を伺って地下室の合鍵などを作れたかもしれませんが…。
また蓮見は情報解析係ということですが、係長ならば可能だということになります。ここで階級がはっきりしていないのはちょっとアンフェアかも。
壁に雪平の筆跡に似せて「アンフェアなのは誰か?」と書いたのは蓮見だったのでしょうか?これは安藤が撃たれる前から書かれていたものだったのでしょう。

○また蓮見杏奈ですが、彼女は誰に対して復讐したかったのか?
牧村と組んで募金型誘拐を仕組んだ動機はなんだったのかが、私にはわかりません。やはりお金?なら仕手戦で儲けたのは彼女?

○武田は何故犠牲者に?
雪平のもと夫佐藤を犯人に仕立てるための犠牲者は、多分サイトの仲間の復讐を行ったものであると思うので、この点では私が考えていた交換殺人ということにならなくもないですね。
でもサイトの仲間が誰なのかも瀬崎、牧村、蓮見以外は明らかにはされていませんが…。ならなんで日報新聞の武田が犠牲になったのか?

またゆっくり見直したらもっと疑問が出てくるかもしれません。
これらのことに関してなにひとつ説明がなく、今までのスピーディな展開に比べて最終回後半の緩慢な進展にちょっと興醒めしました。
早い時間に安藤が犯人であることが分かったので、もう一ひねりあるものとトイレも我慢して見入っていたのに…。
しかもあのDVDが更なる黒幕の暴露や事件の全貌の記録ではなく、雪平への想いを語ったものだったことも私には物足りませんでした。
最後に安藤の死体のあった場所に横たわる雪平が、何か啓示を受けたかのように大きく目を見開いて終わったのは何故?
やはりまだまだ続きがあるのだと思いたいのです。とてもとても最終回だとは思えないのです。


もともとは踊る大捜査線での木島丈一郎役、寺島進さん目的で観始めたドラマだったので、山路管理官が素敵だった、この点は嬉しかったです。
寺島さん、渋いなぁ。木島もいいけれど、こういう一癖ある渋い役もこれから増えるだろうなと楽しみです。

というよりも、、とにかくスペシャルでハッキリさせて下さい!お願いします。
プロデューサーの思う壺な私(^^;


この記事は以下のサイトにTBさせていただいております。
http://drama.tvblog.jp/drama/2006/03/post_ecdd.html

『アンフェア』いよいよ

2006年03月21日 09:48

とうとう今日最終回を迎えます『アンフェア』。
昨夜気がついたのですが、今日は祝日じゃないですかぁ~。
やはり第6回から見直す時間はありません。

今日は時間変更なので録画予約もしなおしました。
午後10時15分から11時24分までの拡大バージョンです。皆さまお間違い無きよう。
私は「毎週火曜日午後10時開始」のままにしていて慌てました(^^;
でも私は明日朝4時半起きなので多分録画したものを明日の昼に見ることになるでしょう。
リアルタイムで楽しめないのがとても残念でなりません。
これで録画失敗とかしたら、泣くに泣けませんわ。

『めざましテレビ』に篠原涼子さんが出演されていて予告を読み上げていらっしゃいました。

交錯していた様々な事件がいよいよ今夜ひとつに繋がります。
警察を翻弄しながらすべての事件を操って来た真犯人。
遂に明らかになる意外なその姿と真の目的とは?
本当にアンフェアなのは誰なのか?
その相手に今夜、わたくし雪平夏見が銃口を向けます。
お見逃しなく!


銃口を向けるのはやはり安藤に対してかな。
っで黒幕は三上。


今まで他の方のブログや公式サイトのBBSを見ないで勝手に推理して来たのですが、これでやっと読むことが出来ます。
すべて見終わったらここに感想を送ることにします。
終わってもしばらく楽しめそうです♪

『アンフェア』個人的最後の推理

2006年03月20日 16:44

昨日は娘のバレエの発表会で終日外出していたためじっくりと『アンフェア』を見直すことも出来ませんでした。残念ですがもう時間切れみたいです。
ひとつ、以前の記事で間違えていたのは「ライター」の件。牧村が煙草を吸った時のライターは蓮見が渡したものでした。このライターが山路とお揃いだったわけで、ダイジェストがミスリードを促しているようです。

「三上薫黒幕説」の根拠はもうひとつあったのを忘れていました。
それは、「三上の階級が警部である」ということ。
以前にも書いたのですが、警視庁の検視官の階級は確か警部です。
募金型誘拐事件の時に、「地下2階のエリアは係長以上の者しか入れないはずです」と安本が言っていました。
警視庁の係長というのは階級では警部補か警部。なので三上も地下室には行けたのではないかと思います。
どうやって美央と牧村を地下二階に入れられたのか、これも疑問だったのですが、三上が誘導したのかもしれません。
それは牧村が美央を地下から連れ出した方法と同じだったのではないでしょうか。
しかも検視官なのにまるで科捜研のようなこともやってのける三上なら、雪平の筆跡に似せて壁に「アンフェアなのは誰か?」と書けたのでは?
また、この時三上は美央ちゃんが解放されると言われた古川水門には行っていません。
安藤が実際は死んではいないことも、雪平に付き添って病院に行った三上なら分かっていました。なのでこの時三上は牧村を殺害する必要性をいち早く感じ準備したものと思います。

ただ三上には動機がないと思っていました。が、SHINGO。さんからいただいたコメントから、もしかしたら三上は雪平に対して偏執狂的な愛情を感じているのではないでしょうか?
過去の雪平の父親が射殺された事件の犯人も三上なのかもしれません。5年前に雪平が未成年者斉藤を射殺した事件は、安藤が雪平を恨んでいるという理由で繋がって来るのですが、どうしても父親の事件だけが繋がってこなかったのです。
雪平夏見を巡って何らかの確執が三上と雪平の父親との間にあったのかもしれません。あぁ、でもまたここは動機として弱いかなぁ…。

あと、雪平が死体の場所に寝転ぶという習慣を三上も知っているので、いち早く現着した三上なら雪平の目線の先に栞を置けるというのも三上が黒幕であることの可能性を示唆したものではないでしょうか?

安藤が射殺された未成年の容疑者斉藤の友人か兄弟だという動機も弱いと言えば弱いかもしれません。
まず兄弟であることは有り得ないでしょう。身内に犯罪者がいる人間が警察官に採用されることはないと思えるからです。

などと見直しが出来ないまま考えてみました。
明日が最終回だなんて寂しいような気もします。

しつこく『アンフェア』推理もどき

2006年03月18日 10:19

アンフェア』の黒幕推理。夢の中にまで出てくるようになりました(笑)。
ドラマのラストが全く違っていても悔しくないくらい楽しませてもらってます。

今回は殺害された人間とそれに対して動機があると思われる人物を挙げてみます。( )内が動機を持つ人物です。
人物のフルネームに関してはボブ吉さんのブログ記事『アンフェア相関図更新「アンフェア」第10話』を参照させて頂きました。これ、凄いです!
小沢茉莉と橋野美樹という名を録画したものからなかなか探せなかったので、有り難かったです。


○小説型予告殺人事件
龍居まどか
鈴木弘務
野口・誠文出版久留米担当編集者
松本理恵子
平井唯人

○募金型誘拐事件
牧村美恵子

○「X」マーク連続殺人事件
広田裕次(牧村紀世子)
蓮見杏奈
久留米隆一郎(平井唯人)
武田・日報新聞編集長(今井)
森川・岩崎書房編集長(瀬崎)

っで私の予想では雪平も狙われて、彼女に恨みを持っているのは安藤。
だから篠原涼子がインタビューで言うように「切ない気分」なのかな、と。
動機がはっきりしないものは口封じだとも思いましたが、それではあまりにもイージーですね。でも分からない。
あと蓮見は誰を恨んで参加しているのか?不倫関係の山路管理官?
私が黒幕だと思っている三上薫は単にお金を得るためとオタクなゲーム感覚なのではないかと…。

さて、ここでまた私がしつこくこだわっている瀬崎の携帯アドレス「masaeknzidamokuhira」(覚えちった)。
今回は苗字ではなく名前の方に注目してみました。公式サイトでも松本理恵子は理恵子と書かれていますし、番組でも女性は名前で出て来たように記憶しているからです。
「rieko」「mari」「miki」「madoka」「hiromu」
「hiromu」はちょっと無理かなぁ。「牧村美恵子」は「牧村」でも「美恵子」でもみつけられますが、フルネームでは入りませんので、やはりフルネームで入るのは三上薫だけのようです。
女子高生・龍居まどかも会社員・鈴木弘務もサイトの住人なのかもしれません。では何故殺されたのか?口封じかなぁ…。
野口は久留米隆一郎を脅迫していたのではないかと思っています。なので久留米の命令に絶対服従する秘書である小沢茉莉に動機があるのでは。弱いかなぁ。
茉莉は野口と平井が会うところを見ていますし、野口が殺される時に上の方をとても気にして見ています。久留米の家のパソコンもGateway。
でも実行犯では有り得ません。
小説型予告殺人事件のすべての実行犯が瀬崎であることには無理があると思っていますので、やはりこれら一連の殺人は交換殺人なのではないでしょうか?

今日は時間切れです。
タイムリミットは60時間(アバウト 笑)。

三上薫mikamikaoru

2006年03月17日 20:57

『アンフェア』の黒幕推理。

瀬崎の携帯アドレス「masaeknzidamokuhira」でまた遊んでみました。
このアドレスがヒントなのか単なる遊びなのかもわかりませんが…。

怪しい人物をローマ字書きにすると

yukihiranatsumi
andokazuyuki
yamazitetsuo
yasumotomasahiro
kokuboyuzi
satokazuo
mikamikaoru
hasumianna
imai
既に亡くなっている人物
sezakiichiro
makimurakiyoko
hiraitadahito



昨日の記事でせぴあ新城さんにコメントを頂いて、「瀬崎sezaki」「牧村makimura」「安藤ando」が隠れていることは分かりました。重複が許されるのなら、「平井hirai」「蓮見hasumi」「今井(佐藤の部下)imai」も隠れています。

でもこの中で携帯アドレス「masaeknzidamokuhira」にフルネームがはまるのは「三上薫mikamikaoru」だけです。
これって…。

姓だけが本当の「×サイト」の住人で共犯者。
そして三上が黒幕?

『アンフェアスーパーダイジェスト』

2006年03月16日 11:54

アナタの想像もつかない衝撃のラストまであと2回。

先日、この特番のナレーションの一部を文字起ししてみましたが、あらすじの後に語られる前の事件の「プレイバック」が気になりました。
ここに何かヒントはないかと…。

第一の事件(予告小説型殺人事件)のプレイバック
果たして、本当に瀬崎はこの連続殺人を犯すことが可能な人物だったのか?
最初の殺人、瀬崎は二人の人間を殺した後会社に戻って来たことになる。
その時、やがて犠牲者となる理恵子の携帯電話にメールが。
その時瀬崎の右手はポケットの中に。
ここからメールを送ったのだ。
そしてパーティー会場でも瀬崎の右手がポケットに入った瞬間に理恵子はメールを受け取っている。
さらに平井の部屋で理恵子を殺害した瀬崎はその場で泥酔した平井を監禁、その後すぐに約束をした雪平と会っていた。
そして後に平井を屋上で殺害。すべて瀬崎の犯行だったのだ。

第二の事件(募金型誘拐事件)のプレイバック
実は男と女の関係にあった山路管理官と情報解析係りの蓮見。
ご覧の通り携帯電話のストラップもお揃い。
この携帯ストラップ、実は番組当初から時々皆さんの目に触れる機会もあったのです。
二人の関係を早くから予想していた方もいたのでは?
実は真犯人に繋がるヒントがこれまでの放送でどこかに登場しているのですが、果たして皆さんお気づきでしょうか?
自力で犯人にたどり着けるヒントがここから先にも必ず隠されています。お見逃しなく!

(思わせぶりに、「Gatewayノートパソコン」と「メーカー不明のノートパソコン(NECかなぁ)「DELLのノートパソコン」と「ライター」が画面に…。牧村のライターが山路管理官のものと一緒?)

黒幕のヒントが第一話にある、と公式サイトに書かれていたので、見てみましたが分かりません。
ヒントらしきものといえば、理恵子に送られた来た瀬崎と思われる人物の携帯アドレス。
masaeknzidamokuhira@
と読めるのですが、う~ん何でしょう?暗号解読って好きなのですが、意味があるのかないのか…。
意味ありそうです。ここに書くのは何なのでご興味おありの方は↓のコメントをご覧になって下さい。せぴあ新城さんの推理です。

公式サイトでは「雪平が佐藤を撃った」と書いてありますので、私の昨日の推理は間違いだということになります。
まだ信用できてないのですが、もし本当に雪平が佐藤を撃ったのなら一番怪しいのは雪平だということになります。
すべての口封じをしているように思えるから。しかも牧村の最後の言葉を聞いたのは雪平ですし、「バツ」という言葉を最初に発したのは雪平です。
このために安藤は「10時×で待つ」の「×」に気づくし、また三上も広田の手につけられた印を「エックス」ではなく「バツ」だと断定します。
しかもあのサイトは私にはダミーに思えるのですが、このアドレスを蓮見から聞いたというのも雪平です。
雪平は非常に限りなく黒幕らしい黒幕です。
しかも彼女なら動機もあるでしょうし…。
だからこそ、敢えて私はあくまでも三上が黒幕だと思いたい
そして実行犯は複数、交換殺人
根拠はこれから三上黒幕説の視点でドラマを見直して考えます。
「殺人現場にいち早く到着」「かなりのオタク」「株に詳しい」、今の所はこれくらいしか思い当たりません(^^;
一番得をしたものが犯人だというのは推理小説のセオリーだと思うのですが…。
あと、このドラマがかなり評判がよく制作者サイドからしたら、雪平主人公で「2」らしきものを作りたいんじゃないか、などと思うから。
雪平は犯人じゃないのでは~、などと単純に考えているのですが…。

『アンフェア』撃ったのは雪平ではない?

2006年03月15日 13:35

『アンフェア』第10回、思わせぶりなラストでした。
でも佐藤を撃ったのは雪平ではないと私は思ったのですが…。

このドラマの殺人には二つのタイプがあると思います。

1.復讐のための殺人
2.口封じのための殺人

「×」サイトに集まる人たちはこの「1・復讐のための殺人」を望む人たちです。それは単にここで勝手に想像して楽しんでいるだけの人もあれば、実際に殺そうと思っている人まで様々でしょう。
私はこのサイトの一部の住人による交換殺人だと考えています。
そしてこのサイトの運営者が遂行しているのが、「2.口封じのための殺人」なのではないでしょうか?
サイトの運営者の一番の目的は、第二の事件の誘拐事件で仕手戦で儲けること。
この運営者こそが所謂「黒幕」なのかもしれません。この人物には「1・復讐のための殺人」に関しては動機はなくていいわけです。
ゲームを上手く続行させるための殺人を行っているに過ぎません。

私はこのサイトの運営者は三上薫ではないかと思います。
今回佐藤がパソコンのボードを叩いていたころとほぼ同時刻と思われる時間に意味ありげな顔で同じようにパソコンに向かっていた三上が気になりました。

私が今わかるのはここまで。
これから最終回までに第一回目から見直してみようと思います。
ちょっと最初のころに殺された人たちがあやふやなので確認。
第一回  鈴木弘務         
     龍居まどか(女子高生)  
     野口(久留米担当の誠文出版編集者)     
第二回  松本理恵子                    
第四回  平井唯人                     
     瀬崎一郎



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。