スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エビ大王』観劇!

2005年12月31日 00:56

観て参りました、『エビ大王』!!

今回私には珍しく事前にあまり情報を入れずに観ようと臨んだ筧さんの舞台。
とは言っても筧さんのブログなどは読ませて頂いていたので、あらすじなどは少しは知ってはいましたが期待以上の感動を得ることが出来ました。

お席も今まで筧さんを観たものの中で一番良い席(前から二列目)をゲットできより臨場感があったせいかラストのエビ大王の嘆きがひしひしと伝わってきて、涙が溢れ出てきました。

最近の榊は年のせいもあってかとにかく涙腺が弱くなっています。
そんな私の泣きどころも随所にありました。
勿論笑う所は思いっきり笑わせて頂きましたし、心に残るセリフも沢山ありました。
よくよく考えて見たら、筧さんの新作というものを観たのは初めてなのだと気付きました。
「team ARAGOTO」スタートに相応しい作品だと思います。
これからもこのユニットで新作をどんどん発表して欲しい!
贅沢なメンバーですよ、ほんとに。

あぁ、無事に観劇を終えられてよかったぁ~。
実は前日に今度は息子が熱発。
すわインフルエンザか!?とまたまた救急病院へ搬入。
娘のインフルエンザがうつって発病してもおかしくない時期だったので即検査をしてもらいました。
ただの風邪とわかり、今朝は熱も下がったので心を少し残しながら大阪へと向かいました。
いくつになっても子供は子供。親とは因果な商売です。
そんな状態もまた芝居を観る上で心に思い描く感想の大きな要因になっているので、つくづく生の演劇とは演じる者と観る者が一緒に作り上げて行くものだと感じました。
などといってはちょっとおこがましいですが…。

行きの阪急の中で駅売りの朝日新聞を見ましたら、なんと今回の演出家である岡村俊一さんと藤谷美和子さんが結婚されていたという報道が!
お芝居のアドリブには流石に使われませんでしたが、筧さんの舞台っていつも何かあるような…。しかも目出度いことが。

筧さんの元気一杯な舞台を観て今年を締めくくれるのはとても幸福なことだと感じています。
今日は「サル山記念日」ですしね…。



沢山書きたいことがあるのですが、年末のこの時期に遊んでしまったので、今この時間にお節料理作っています。
棒鱈の煮付け。先ほど黒豆を作り終えました。栗きんとんは娘が手伝ってくれました。もうひと頑張りして寝ることに致します。
明日もまた早いよ~。
感想なんぞはまた年明けにゆっくり書かせて頂きたいと思っています。

コメントなどのレスはまた明日書かせて頂きます。すみませんm(_ _)m
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。