『歌謡曲だよ、人生は』

2007年02月28日 13:53

これは今年1月31日の記事なんですが、マイミクさんの日記で昭和の歌謡曲が話題になったので思い出したので書いておこうと。

この映画は「昭和を代表する歌謡曲12曲をモチーフにし、11人の監督がそれぞれ独自の解釈で撮り下ろした短編映画12本で構成する作品。」ということで、5月に公開予定とのこと。

この報道をめざましテレビで知った時に、そのラインナップにも驚いたのはもちろん、私の大好きな「いとしのマックス」(荒木一郎)がバイオレンスコメディでしかも監督が蛭子能収さん!なんで~!!蛭子さんは初監督だそうで、どうなることやらちょっと怖い。

この時代は私にとっての第一の青春時代で、後にも先にも芸能人にこれほどきゃぁきゃぁ言ったのはこのころだけ。ザ・タイガースのジュリーに夢中で、歌謡番組を片っ端からチェックしていたので、このころの歌謡曲は今でもしっかり記憶して歌詞もほぼ正確に覚えています。

黛じゅんさんの「夕月」や「天使の誘惑」、中村晃子の「虹色の湖」なんか好きだったなぁ。中村晃子さんは後にテレビ版の『チャリーズエンジェル』で大好きなファラ・フォーセット・メジャースの吹き替えをされていたし、そのころの「恋の綱渡り」っていう歌も良くてレコードを買って聴いてました。

『歌謡曲だよ、人生は』に選ばれている歌は、私が歌謡曲好きだった時代の後のものも多いですが、どれも懐かしい。俳優人も監督もハンパじゃないです。なのに何故~。「いとしのマックス」は蛭子さんでコメディなの(;;)武田真治さんと矢沢心さんという組み合わせは面白そうですけど。

他の曲は以下です。

オープニング:ダンシング・セブンティーン(歌:オックス)

第1話:僕は泣いちっち(歌:守屋浩)磯村一路監督  青木崇高、伴杏里、六平直政 

第2話:これが青春だ(歌:布施明)七字幸久監督   松尾諭、加藤理恵、田中要二

第3話:小指の想い出(歌:伊東ゆかり) タナカ・T監督  大杉漣、高松いく、中山卓也

第4話:ラブユー東京(歌:黒沢明とロス・プリモス)片岡英子監督   正名僕蔵、千崎若菜(おお!!踊る大捜査線だぁ!)

第5話:女のみち(歌:宮史郎とぴんからトリオ)三橋光尋監督  宮史郎、久野雅弘

第6話:懺悔の値打ちもない(歌:北原ミレイ)水谷俊之監督  余貴美子、山路和弘、

第7話:いとしのマックス(歌:荒木一郎) 蛭子能収監督  武田真治、矢沢心、インリン・オブ・ジョイトイ、長井秀和

第8話:乙女のワルツ(歌:伊藤咲子)宮島竜治監督 マモル・マヌー、鈴木ヒロミツ

第9話:逢いたくて逢いたくて(歌:園まり)矢口史靖監督  妻夫木聡、伊藤歩、ベンガル

第10話:みんな夢の中(歌:高田恭子)おさだたつや監督  高橋恵子、烏丸せつこ、松金よね子、キムラ緑子、本田博太郎、鈴木ヒロミツ、田山涼成

フィナーレ:東京ラプソディ(歌:渥美二郎) 山口晃二監督  瀬戸朝香、田口浩正

これらの歌をみんな知ってる私が哀しいかな(笑)。
スポンサーサイト