スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンパラダイスの罠にハマル

2007年07月27日 14:55

今クールはこのドラマを観ています。
残ったのは結局以下の2作になりました。

『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』
『探偵学園Q』

『花君』は元々は上川隆也さんと『花より男子2』第一話の生田斗真くん目当てで見ようと思ったのですが、第一話のその荒唐無稽さについていけず、断念しかかっていました。
ただ、生田斗真くんはいい!と思って見続けることにしたわけです。

ところが第4話は俄然面白くなりました。それぞれのキャラが立って来たというか、私のツボに嵌ったというか…。シャア・アズナブルまで出て来るって、どんだけ~!
アホアホ具合が楽しくて、それでいてちょっと甘く切なく懐かしく。回を追うごとに面白くなって来るのでこれからが楽しみ♪


姜暢雄くん(オスカー・M・姫島役)が弾けてるのもいいわぁ。『TRICK2』のころに比べてかなり太った気がしますけど(笑)。
もともとは『忍風戦隊ハリケンジャー』の「クワガライジャー」なんですよね~。

『花君』は「イケメンパラダイス」というだけあって、最近の戦隊物と仮面ライダー俳優さんが沢山出演しているのも、私としては嬉しいところ(そんなにしっかり観たわけではないですが)。

水嶋ヒロくん(難波南役)と山本裕典くん(萱島大樹役)は『仮面ライダーカブト』だし、『轟轟戦隊ボウケンジャー』からボウケンレッドの高橋光臣くん(大国町光臣役)。五十嵐隼士くん(野江伸二役)は『ウルトラマンメビウス』。
まだまだいるかもわかりませんが、分ったところではこれくらい。あっと、覚えていたわけではないです。調べてみたんです(^^;

主役のことを忘れてはいけませんね。堀北真希ちゃん、かわいい!無理して使うオトコ言葉がいじらしくって。これからどうなって行くのか原作を読んでないのでわかりませんが、「恋心」じゃないところがいい。
初回見た時に、髪を短くした真希ちゃんが伏し目がちにした所を少し下から撮ったら「ハリセンボン」のはるかさんに似ていると思いました。真希ちゃんファンの方、殴らないでね。

小栗旬くんはこういうクールな役をさせたら今一番上手い若手俳優かなぁ。花沢類も好きだったけど。『救命病棟24時』の時からずっとこういう役ところばかり見ているので、はっちゃけた役も見てみたい。


そして、今回私的に最大のヒットというか、胸のど真ん中を直球でズギュンというか、生田斗真くん!!惚れたよ~。今まで1クールの恋は何度かあったのですけど、斗真くんはきっとずっと惚れてると思います。
ファンクラブを探したんですけど、斗真くんだけのファンクラブってないんですよね~。宝塚歌劇は公式にはファンクラブは認めてないのですが、公然の秘密として個人的ファンクラブは存在してますし、またそれぞれの生徒さんに対して年齢層の高い「大人会」っていうのももあるんですよね。そして、それ以上に凄いのがいわゆるパトロン的存在。
探せばきっと、斗真くんにもそんな秘密組織(笑)が存在すると思うのですけど。

今、手元に何故か「Wink up」「duet」「Myojo」などという今まで読んだこともなかった雑誌が三冊(^^;
斗真くん関係の記事をむさぼるように読みましたわ。

ちょうど息子が昼食を食べに来ていて、手に取ったものだから、「○○○(娘の名)が山田涼介くんのファンになって買って来たんだけど、おかあさんは生田斗真くんのファンになたったのよ。」と言ったら、素無視されました(^^;
10年前に「筧利夫さんが好きになったのよ~」と言った時には、なぁんにも言わずにうつむいて哀しそうに涙を流していた息子なのに。あぁ、違った意味で泣けて来たのかも(笑)
息子よりは4歳年上だし、娘よりも2歳年上だし、いいじゃん。って何がいいのか。こんな母でごめんよ~。


もうひとつ、『探偵学園Q』について書く時間がなくなりました。
ちょっと残酷だけど、『金田一少年の事件簿』もこんな雰囲気だったなぁ。

追記。
『花君』公式サイト。
ジャニーズってほんと、画像ダメなんですよね。
あんなにかっこいいオープニング画像なのに、斗真くんがいない(;;)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。