スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『JIN-仁-』と『不毛地帯』

2009年10月21日 10:51

現在3つの組織系の活動でパソコンを起動してもそんなこんなの作成ばかり。録画したドラマもまだ半分も観られていません。

その中で、評判が高かった『JIN-仁-』と『不毛地帯』だけはしっかりみました。

『JIN-仁-』、これは嵌りました!このクソ忙しい中、今朝6時に起きてコミックを4巻まで見るほど嵌りました。この原作がまたいいですね~。ドラマよりもちょっぴり大人のテイストですが、医学指導、特に順天堂大学の医史学研究者、酒井シヅ氏を監修に起用されているので、とても話しに重みがあります。一気読みしたいのに、今週末はお江戸入り・・・。

『不毛地帯』は初回期待に違わぬ出来だったと思います。フィルムのようなデジタル映像が大作ドラマとしての「格」のようなものを感じさせてくれます。

ただ、実家の父に言わせると、「唐澤はんが若すぎるなぁ」と。原作の壱岐正とはほぼ同じ年齢だと思うのですが、昔の40代と今の40代では風格というか、オッサン度といいか、重みが違うのかもしれません。財前五郎なら若くても納得いけたものが、シベリア抑留11年という経歴には若々すぎると感じるのも否めません。

でも、豪華キャスト。そして、原作を全てドラマ化するという初の試み。これからの壱岐正の変化や、注目している遠藤憲一さんの鮫島を見るためにも、息切れせず半年楽しみたいです。

見ると宣言していたあとのドラマはまだ全く見ていません。『相棒Season8』は初回視聴率19.4%だったらしく、早くみないと今日もう2話目です。あぁ、時間が欲しい・・・。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。