スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マチベン』最終回

2006年05月15日 12:18

こんなに最終回に満足したドラマは久しぶりかもしれません。証人・深川保(竜雷太)と自ら尋問に立った被告人・天地(江角マキコ)の息詰まる法廷劇。やや芝居がかった江角の演技にほんの少し戸惑いはしたものの、それを補って余りある二人の演技でした。特に深川保の慟哭は、あの『砂の器』の本浦千代吉(加藤嘉)の慟哭を思い出し、涙を誘いました。

真実を知ろうと強く思うことは、こういうことなのだと思います。検事をやめてまで真実に迫ろうとした天地の想いは、どんな私的感情も入り込む余地はないし、真実を明らかにすることが誰にとっても幸せなことなのだという確信に揺らぎがないからです。

「法廷は人を裁く場であると同時に、それを赦し罪を償う機会を与える場でもある」という言葉は重いです。大勢の人間の前に晒し者にし、罪を糾弾するためだけのものならば、彼女はここまで深川の再審請求に拘らなかったでしょう。深川に冤罪を認めさせることは、彼が命がけで守ろうとした孫娘を罪人にすることだからです。でもその孫娘も苦しんでいた。罪を免れたところで決して幸せではなかったのです。
昨今の理解しがたい殺人事件の犯人とは違い、自らの罪を理解しそのために苦しんでいる彼女をも救われねばならないのです。

天地弁護士が真犯人が孫娘だと解っても「もういい」と妥協せず、真実を明らかにすることに躊躇いがなかったことがこのドラマを法廷物としてリアルでかつ重みのあるものにしています。

私はきっと『マチベン2』があると思います。いえ思いたい!
だって、まだ村山信介(小林隆)の過去が明らかにされていませんから。
『2』ではこの事件をベースに、まだ中身の濃い一話完結ドラマを期待したいと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | NL2.1Dtc

    5回の時点で、孫が犯人であることはわかったのですが、その着地点をどうするか?が見物でした。
    弁護士たちが抱くジレンマを、視聴者に共感させることに成功してましたね。孫娘をかばおうとする祖父も、娘を守る為に虚言を弄した母も、結局は犯人の本当の幸せを願っていたわけではないのだ、というのが、強烈な印象でした。

    最後の部分は少し駆け足に感じましたが、全体的に力のあるドラマだったと思います。
    当然、パート2はありますって(笑)

    そうそう、検事役で大谷亮介さんが出てましたね。
    法廷のシーンではうっかり気づきませんでした(笑)
    あ!三浦刑事だ!って思った僕は、相棒マニアw

  2. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    そうなんですよね

    犯人はわかってましたね。でも本当に見事でした、あの駆け引き。
    法廷劇を堪能した感じがしました。

    「2」、絶対にありますよね。江角マキコさんが好きになりましたよ~。

    前年ながら『相棒』には縁がなく、観たことがないのです。

    大谷亮介さん、気付いていませんでしたぁ!ありがとうございます。
    『新選組!』では真木和泉役でしたね。
    やはり『新選組!』度が高いのも嬉しいドラマでした。

  3. フェイク | URL | NL2.1Dtc

    相棒もよいですよー

    ええ、きっと、榊さんもお気に入りになると思います。
    めちゃめちゃ、小劇団の人でまくってますからね。

    小日向さんや、吹越さんもでたし。
    生瀬さんは、かなり重要だし。
    岸部一徳さんもいい味だしてるし。

    今度DVDでますよー。秋くらいだけど。

  4. 道子 | URL | -

    こんばんは、マチベン、最終回しか観れなかったのですが、
    息を呑んで見てしまいました。
    過程を観てないのでどうもこうもですが、
    誰かの幸せを望み身を犠牲にしようと決めた人の
    胸の奥底にある“自分”の心情と“個”にふれた
    瞬間の慟哭は、ホントに胸をしめつけました。
    再放送を待って、今度は見ます♪

  5. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    >フェイクさん

    『相棒』、一度SPを見たのですが、なんとなくテンポが悪いような気がして敬遠してました。小劇団の方が多いのですね。
    今度観てみます。

  6. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    >道子さん

    『マチベン』、良かったです。最終回だけご覧になっても内容はお分かりになれたと思います。基本は一話完結でしたから。

    竜雷太さんのこういう演技は観たことがなかったので、とても感激してしまいました。

    再放送と『2』を期待してしまいます。

    ところで、こんなところで何なのですが、道子さんのブログにコメントが出来ないのです。多分IEを使ってないからだと思うのですが、そこで諦めてしまっていました。今度IEに切り替えてからそちらにお伺い致します。

  7. へー太郎 | URL | -

    山本耕史君

    確かマチベンにも出ているんですよね?
    今週末、函館の五稜郭で行なわれるお祭りに山本土方出るのですよ。
    「親孝行」と言う理由つけて、帰省して見て来ますね~~!

  8. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    ヘー太郎さん

    『マチベン』での山本耕史さんのピュアな雰囲気は素敵でした。
    でもやっぱり土方がいいですね~。
    あのお祭りに行かれるのですね。
    今回は審査員ではないのですか?
    生でじっくり山本・土方を堪能してきて下さい。

  9. 斑目 | URL | T1qMaSnw

    おもしろかったですね

    ぐいぐい引き込まれる展開と後味のすがすがしさに満足でした。翌週から始まった「ディロン」もよいですよ。主演は樋口可南子さん。すてきです。それと樋口さんも出てる映画「明日の記憶」がとてもいい映画でした。「海猿」もおすすめです。日本映画もがんばってますね。

  10. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    満足しましたよね♪

    骨太なドラマで久しぶりに落ち着いてじっくり観られました。
    BGMもよかったです。サントラが欲しいくらい。

    「ディロン」、観てないです。残念!
    「明日の記憶」は観たいと思っているのです。吹石一恵さんも出てらしゃるので。
    「海猿」は先日観に行って来ました。評判が良すぎただけに、あら捜しばかりしてしまったせいか、どうも恋愛物恐怖症(笑)の私にはダメでした。
    またゆっくり感想というか、きびしい突っ込みを入れて私のひねくれっぷりをご披露しようと思います(^^;
    体調不良でブログが更新できなくて、レスも遅くなってしまってすみません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/178-c914d772
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。