スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殉職・受傷防止警視庁ビデオ」

2003年05月13日 14:34

今日正午前の関西テレビのニュースで知った。
多分全国ニュース枠なので、フジ系列全てで見られたことと思う。

「殉職・受傷防止警視庁ビデオ」
凶悪犯罪が増える中、警視庁がこのようなマニアルビデオを製作
したらしい。ドラマ仕立てになっており、実際の映像も交えなか
なか考えさせられる内容だった。

とある派出所の警察官二人が愛妻弁当を食べようとしている。
そこへ入電。単なる夫婦喧嘩だから、と防護服もつけず、自転車
で現場へ駆けつける。そして、夫婦喧嘩当事者の夫によって包丁
でさされる、という内容だ。確か実際に昨年こんな事件があった。

この事件を叩き台に、どのように対処すべきかを説いている。
最悪の場合は急所を外して犯人に向かっての拳銃の発砲も辞さず、
というショッキングなシーンもある。

昨年、都内で警官の職務上の受傷は105件を記録するらしい。
踊る大捜査線第11話で刑事局長は「日本の警察官は、たとえ撃た
れても撃ってはいかんのだ。」と声高に言っている。
あれから6年。日本はこんなに危険な国になってしまった。
今回「OD2」がどんな警察を描いてくれるのか、また見所がひとつ
増えた。

っが、何を見ても踊るにこじつける私って…。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/209-7591369d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。