スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記事より

2003年06月19日 14:40

今日の日経産業新聞にかなりスペースを割いて『踊る大捜査線』関連記事が
掲載されている。亀山GPの写真も掲載され、福岡での「集う捜査線」の模様
にも少しではあるが言及。

同じく今日の日経流通新聞。
「ヒット商品番付 下期は常識突破型」という見出しであるが、下期のヒット
予測映画として『OD2』を挙げている。

産業界も『OD2』にはかなり注目しているようで心強い。
前回の『OD1』では、マーケッティングの観点から『踊る大捜査線』のヒッ
トの要因を分析されていた学者もいて、ネットでその学会での発表を読んで
感激してしまった。
今回も、映画ファンのみならず各方面からの熱い期待を犇々と感じる。
本店サイトで踊っているファンはその一部に過ぎない。
捜査員登録しているファンが例え平均10回観たとしても、それはせいぜい
50万人の観客動員数にしか過ぎない。前回の記録に迫る動員数を得るには
そんなコアと呼ばれるファンが、「ろこみ」をし、そしてサイトを盛り上げ、
初めててこの映画でファンになった新しい捜査員を暖かく迎えていくことも
重要なのだと思う。

公開後、感動の共有の場として初めて本店サイトを覗くゲストファンも多い
だろうと思うし、またそうなって欲しいと思っている。
そんなファンがどんどん増殖し、前回のような異例のロングランになっていく。
ここは公開前からの捜査員の在り方によっても左右されるものだ、と気持ちを
新たに引き締めた。
私が得たあの感動、そしてそれをリアルタイムで共有できる喜び。
『OD2』は絶対それを裏切らない作品であると確信しているし、私もそんな
作品にこんなかたちであれ、ちょっとでも参加できたことを将来自慢できると
思っている。

新聞記事を読んで、久々に真面目に考えてしまった。
頭が沸騰しそうだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/214-c9caf295
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。