スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌とか・・・

2003年06月26日 14:43

「TV Taro」を今日購入した。
期待以上の雑誌で満足している。
『踊る大捜査線』初心者のファンからコアなファンまで、
全てのファンがかなりいい得点をつけそうな内容だと思った。

そこで気になった亀山GPのインタビュー記事「亀山千広P、
大直撃!!」の最後。
「『砂の器』というのもキーワードです。」という言葉。
枠外には「あえて言うなら…」とも書かれているので微妙だが、
私が「カメダ」から連想して、今回の映画は『砂の器』が何
がしか関係しているのではないか、という予想も当たっていた
ということだろうか?
どんな形で関わってくるのだろう?

(ご興味ある方は、私の4月23日の日誌をご覧くださいませ)

今日、ロンドンから商品が届いた。
ヴィヴィッ子な娘に頼まれて、今月初めにわざわざロンドン
本店に国際電話をかけて注文した商品である。
親バカだとつくづく思う。
カッコつけて国際電話などと書いているが、特に英会話が得意な
わけでもなく、無鉄砲に電話してしまって、全然理解不能だった
のだ。何度か"I beg your pardon."と言っていると、いきなり
日本語に変わった。
「日本人スタッフの方ですか?」と尋ねると、
「いいえ、客なんですが、お困りのようなので通訳しましょう
か?」なぁんて、ラッキー!地獄に仏とはこのことだ。
後は、その方の通訳でオーダーの仕方がわかったので、FAXで
必要事項を送信した。
6週間と言われていたのに、3週間しか掛からなかった。
しかも、日本で購入する半額程度で手に入れた。
円高だった10年近く前は、結構個人輸入してたが、今は全く
興味なくなっていたのに、また調子に乗ってしまいそうで怖い。
この通訳してくださった方とは、お名前だけしか聞けなかったが、
なんかあったかいものを感じた。
でも、どうにかしなきゃ、英語力…。もともとないのに年と共に
どんどん衰えていくわ。

閑話休題

雑誌といえばアメリカ版の「TIME」の表紙が青島くんだとか。
『踊る大捜査線』、アメリカやイギリスでも公開されませんかね。
日本でこの雑誌の購入方法を探しつつ、いまちょうどニューヨーク
にいる友人に一応メールで頼んでみた。

今日はなんだか国際的な雰囲気の日誌だ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/216-563c1716
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。