スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インファナル・アンフェア(無間笑)

2006年07月19日 14:58

『インファナル・アンフェア』を観ました!
いやぁ、あれだけしっかりしたスタッフであんなおバカな映画を作ってしまうなんて(^^;
「ジョン・ウー風」のシーンで大爆笑でした。そうですよね~。鳩が舞い上がって二丁拳銃でぶちかましたら、2羽は3羽はあたっちゃいますよね。「いちいち格好つけて屋上に呼ぶな」って言うのも笑いました。

何度か出てくる「四大天王」という言葉。「香港四大天王」と言えば、ジャッキー・チュン(張學友)、アンディ・ラウ(劉徳華)、アーロン・クォック(郭富城)、レオン・ライ(黎明)。アンディ・ラウは言わずと知れた『インファナル・アフェア』の主役の一人ラウ役。
こういう遊びなんかもあって、この映画は香港明星をある程度知っていた方が楽しめるのではないかと思います。うん?返って腹立つかも・・・。

姐さんが車に轢かれるシーンとか、警部が車の上に落ちてくるシーンとか、よくぞこんな風に描いてくれたもんだと…。そうそう、あの姐さん、微妙にカリーナ・ラウに似てる。
しかししかし、あの男前のショーン・ユーくん、君はそれでいいのか?とちょっと心配にもなりましたわ。実は私、『インファナル・アフェア』のシリーズでは『2』が一番好きなんです。その理由のひとつがショーン・ユー演じる若き日のヤンの儚さと脆さにあったのに…。何をしてくれる!って感じですか(笑)。でも本作映画ファンを怒らせたらパロディって成功かも。


あとはお色気ムンムンのドタバタ喜劇という感じでしたが、ラストがよかったです。そうか、もとはこんな話だったのね(違うぅ!)。

サム役は本作同様エリック・ツァン。この俳優さんも香港映画には欠かせない人。最初に観たのは『君さえいれば 金枝玉葉』でのゲイのプロデューサー役(?)。『ジェネックスコップ』でのシリアスな演技も好きですが、こういうコメディではいい味が出る役者さんです。体型が愛くるしいからかな。

レイモンド・ウォン(黄 浩然)がカッコいい♪ふとした表情が若いころのレスリー・チャンに見える時があって、ドキっとしました。


監督・脚本・製作 バリー・ウォン
バリー・ウォン監督は以前に『男たちのバッカ野郎』を監督した人なんですね。この映画も観てみたいと思っているんです。これもしっかりチョウ・ユンファが主演ですから。

BGMに不釣合いなこのバカバカしさ。間違っても『インファナル・アフェア』を観ずに、先にこれだけをご覧になりませんように(笑)。

スポンサーサイト


コメント

  1. park-lee | URL | mQop/nM.

    観たいです

    『男たちのバッカ野郎』、観ちゃいました。
    もうずいぶん前になるので詳細は記憶してないのですが、『男たちの挽歌』を観ていたので、この場面そっくり!!と爆笑したのを覚えています。
    『インファナル・アフェア』は1しか観てない(面白さに大感激!)のですが、全シリーズ観てなくても『インファナル・アンフェア』は楽しめるのでしょうか。
    やっぱり全シリーズ観てからのほうがいいのかな。

  2. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    全作観てからにして下さい!

    いやぁ、ほんとうに「取り扱い注意作品」です(笑)。
    出来れば3作観て下さい。時間がなければせめて『2』だけでも観ておいて下さい。

    >『男たちのバッカ野郎』、観ちゃいました。
    これ、近くのレンタルショップにないので、観ないままになっているのです。探して絶対にみたいです♪あと『大英雄』も観たいんです!ウォン・カーウァイ監督の『楽園の瑕』の撮影の合間に撮ったというアクションコメディ。『楽園の瑕』とほぼ同じキャストっていうのが凄いと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/230-7b5cb26f
この記事へのトラックバック

男たちのバッカ野郎

アジアの大スター“チョウ・ユンファ”が、出世作『男たちの挽歌』を自ら出演してパロディ化した異色アクション・コメディ。マギー・チャン、エリック・ツァンほか共演。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。