スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のだめオーケストラLIVE!」

2006年11月16日 14:31

「のだめオーケストラ」LIVE!


届きました!「のだめオーケストラLIVE!」CD。
先日購入した「のだめカンタービレSelection CDBook」と重複する曲も多いのですが、音は断然いいです。
しかもベートヴェンの「春」峰バージョンが最高にいいの。テレビのまんま。凄く尖がっていて、早いし喧嘩してるみたいだし。まさに「光る青春のヨロコビとイナズマ」です。
ラプソディ・イン・ブルーだって、ピアニカバージョンですぞ。これは必聴。ドラマのシーンまで思い出されて感激も一入。
ベン7だって、今まであまり好きということもなかったのに、千秋さまのお言葉とあのパフォーマンスを思い出して感動が蘇る。
クラシックっていいわぁ~。

視聴率もだんだん上がって来ているようです。

のだめ視聴率

10月16日 関東(18.2) 
10月23日 関東(16.1) 
10月30日 関東(18.4)
11月6日  関東(18.3)

11月13日の放送はきっともっといいと思います。だって見所満載で、うっかり松本仁志さんご出演を書き忘れてしまうくらいでしたもの。ミッチーと千秋さまはキャラが被りそうだわ~、と思いながらも今後の王子様対決が楽しみ♪

『14歳の母』と『僕の生きる道』は抜いています。
この分だと『渡る世間は鬼ばかり』を抜かないかしら?『Dr.コトー診療所2006』は相変わらず高視聴率で21%を超えているので、これを抜くのは難しいし、カケイスト(久々に書いたわ)としては抜かれたくはないですけど。
フジテレビサイトのアクセスランキングも一位です。「Photo Gallery」の千秋さまが素敵すぎて・・・。
スポンサーサイト


コメント

  1. お局圭子様 | URL | mQop/nM.

    毎週爆笑の渦

    こんばんは。
    もうほぼ原作どおりの展開に笑いっぱなし。
    正に異色の月9ですね。
    しかし!
    唯一原作とは違う点が。
    「ピンクのモーツアルト」(←黒木ね)、どうも出番すらなさそう(CXののだめHPには役柄すら無い!)。
    1話=1巻ペースで進んでますから登場してもよさそうだけれども、日本編ではパリ編ほど出番無いからなぁ。

  2. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    おお!

    お局圭子様さんまで嵌ってらっしゃるとは♪
    私は原作を「1巻」と「9巻」しか読んでないのです。
    ドラマが終わったら全巻読みたくなるかもしれないです。今も読みたいのだけれど、買うとまた置いておくスペースが…。

    >「ピンクのモーツアルト」(←黒木ね)、
    なんだか魅力的なキャラみたいですね。やっぱり原作買おうかしら。

  3. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    黒木

    出て来ましたね♪
    私は原作を読んでいないので、どんな役かわからないのですが、ちょっと新城さんタイプですか?

    このあいだまでのNHK朝ドラ『純情きらり』の達彦役福士誠治さんが演じてます。これもまた楽しみ。

  4. お局圭子様 | URL | mQop/nM.

    いつの間にか

    今週の最後の方に登場して真下、黒木。
    彼の役どころはひたすらまじめキャラです。
    ちなみに、楽器はオーボエ。
    彼の演奏は「いぶし銀」とまで言われるほどなのに、それなのに、のだめに恋しちゃってからは「ピンクのモーツアルト」状態(笑)。
    ところで、オーボエとはギネスブックにも載ってる、世界で一番習得が難しい楽器の一つです。
    いくら吹き替えでもいぶし銀に観えるようになるには相当大変です。

  5. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    オーボエ奏者役ですか

    のだめに恋しちゃうんですか?だから「ピンクのモーツアルト」(笑)
    以前、大学の大先輩でオーボエ奏者になったかたの室内楽を聞きに言ったことがあります。世界一むずかしい楽器なんですね。福士さんの吹き替えも見所ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/272-3fc6a874
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。