スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜最終回・・・(涙)

2007年09月18日 17:58

『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』、本日いよいよ最終回です。気合の入った2時間スペシャルです。
LPとSPでダブル録画予約している私って・・・。

一昨日映画『HERO』を見て来たので今日はこの感想を書こうと思っていたのに、朝から「イケメン祭り」で大忙し。
ちょっぴり辛口な感想は明日書きたいと思います。予告だ(笑)。

『とくダネ!』の小栗旬くんインタビュー、そして『笑っていいとも!』のコーナーに堀北真希ちゃんと生田斗真くんがご出演。
そして先ほどやってましたね~。『花ざかりの君たちへ 最終回直前緊急生放送SP』生放送ですよ!
初っ端から笑わせてくれました、3寮長。「仮面ライダーカブト」に「クワガライジャー」。そして萱島の「仮面ライダーサソード」小芝居。今関西では『ウォーターボーイズ』の再放送をしているので、天王寺は高原剛っていうのも旬なお話。訳分らない人、ごめんなさい。

この生放送の司会はフジテレビの佐野瑞樹アナウンサー。小栗旬くんの役名佐野泉をいつも佐野瑞樹って言ってしまって、娘からバカにされておりました。そうそう、このアナウンサーさんのお名前でした(^^;

このドラマのキャストのチームワークの良さを改めて知って私はまた涙。萱島くんの涙を見てこれまた涙涙。
やはり今夜の最終回は、息子の卒業式に臨む母親の気分かもしれないです。実際の息子の卒業式では全く泣きませんでしたけどね。最後の試合で涙が枯れ果てて、あれが実質上の卒業式みたいだったから。あぁ、あの日を思い出しながら観たらもっと泣けるかも。

ちらっと見た佐野、中津、難波、関目の女装もかなり綺麗で楽しみ。ちょっと以外だったのは、オスカー・M・姫島の女装が結構綺麗だったこと(笑)。


このSP番組台湾版の『花ざかりの君たちへ』(『花様少年少女』)も紹介されていました。この夏スタンフォード大学に短期留学していた娘から聞いたのですが、寮で同室だった台湾大学の学生さんが、ほぼリアルタイムで日本版の『花君』を観ているのだそうです。台湾ではまだまだハーリーズみたいです。
台湾版も観てみたいです。

あぁ、これで終わりなのかぁ。淋しいなぁ・・・。若いっていいなぁ。

pic_chateau05.jpg

pic_chateau03.jpg


写真は桜咲学園ロケ現場の「シャトー・カミヤ」です。






スポンサーサイト


コメント

  1. tomo | URL | mQop/nM.

    初めまして

    初めまして、こんにちは。 いきなりすみません。
    榊 真央さん、レスリー・チャンさんがお好きいうことで書き込みさせてせいただきました。
    私は、小栗君のファンになる前の約8年間レスリーの大ファンでした。(今も勿論好きです。)
    来日コンサートも行って、本当にレスリーだけを見ていた、レスリー一筋の8年間でした。
    あの日のショックは今もよく覚えています。
    頭では、もうレスリーはこの世にはいないと分かっているのですが、どうしても受け入れたくないというか、あれから4年が過ぎましたが今も正直実感がありません。
    レスリーは、本当に素敵な人でした。
    外見だけじゃなく、全てにおいて美しい人でした。
    (レスリーのような人はもう2度と現れない・・・、とも思います。)

    小栗君って、レスリーに似てるところがあると思うことがあります。
    役者としての演技力は当然ですが、、作品の大小にかかわらず自分がいいと思ったものに出るという考え方や、作品ごとに全然印象が違うし、品もあって、声がよくて、スタッフの方や周りの方に好かれて、お友達も多くて・・・。
    小栗君もレスリーみたいに世界的に認められる大スターになって欲しいと思います。

    私にとってもレスリーは永遠の存在です。
    初めてなのに長々とすみませんでした。

  2. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    熱いコメントをありがとうございます!!

    レスリー・チャンさんへの想いはさめることがありません。
    今でも彼の曲を聴いています。先日は『男たちの挽歌』をまた見直したりと。今
    コンサートには行けなかったことが残念でなりません。彼は本当にエンタテナーでした。ファンサービスが凄くって。

    小栗旬くんが似ていると思ったことはなかったのです、私のマイミクさんもレスリーの次にファンになったのが旬くんみたいです。やはり似通ったところがあるのでしょうね。
    旬くんはもっと自由に羽ばたいて欲しいです。香港と日本の違いとは言え、繊細なレスリーには過酷な街だったように思います。それでもハリウッドに行かずに香港スタアとして全うしたレスリーは、役者の鑑だし、本当に漢(おとこ)だったと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/324-bcf382a2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。