スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでの出会い『皇室の饗宴とボンボニエール』

2007年11月01日 16:30

皇室の饗宴とボンボニエール


ブログを書いていると、時にびっくりするようなことが起ります。

ちょうど2年前、『オドログ』の終了に伴ってFC2ブログとmixiを始めたのですが、その初期のころに書いた日記に先週コメントがつきました。
それは私が観にいった京都「思文閣美術館」で開催された「紀宮様御成婚記念 皇室のご慶事 銀のボンボニエール展」について書いたブログです。

参考日記
マスクルーシブな金平糖
ボンボニエール

そのころ紀宮様のご結婚のことでTVが賑わっており、引き出物に出された「ボンボニエール」を私は初めて目にし、興味を持ったのでした。
展覧会はとても満足がいくもので、益々ボンボニエールに対して興味が沸きました。ネットで色々調べようと思って帰って来たのですが、あまり詳しい情報は得られませんでした。展覧会場で発売されていた『皇室の饗宴とボンボニエール』(扇子忠氏著)と言う本を買わなかったことを後悔しました。アマゾンなどでも入手可能なようでしたが、2415円という価格に躊躇ったのです。

そしてそのことまでも日記に書いていました。
そしたら先週、このご本の著者である扇子忠さんからコメントがあったのです!
2年も前の日記にコメントがあったことにも驚きましたし、「送料込みで2000円で」というお申し出にも、本当にご本人なのかといぶかしく思いました。
そこで「ご本人でいらっしゃるのなら、是非是非購入したい」という旨をメールしましたところ、すぐに丁寧なご返事を頂き、しかも「進呈します」とまで書いて下さいました。

何度かメールでのやり取りをさせて頂き、昨日届いたのが、このご本です。写真右は当時の展覧会パンフレットです。

1101bon01.jpg


サインまで頂きました!

1101bon02.jpg


かなり専門的な本なので、著者の扇子氏は美術関係か皇室関係の学問を専攻される大学の教授かと思っていたのですが、コレクターであると知ってびっくりしました。
「コレクター以外の方にはご興味がないと思いますので写真だけでもご覧になるだけで結構です」と一筆添えられていたのですが、私は全て興味津々です。
単なる皇室とボンボニエールの歴史だけではなく、「金属工芸の歴史」にまで言及されており、私が知りたかった明治時代のボンボニエールに刻印されている制作会社のことも詳しく書かれていました。
「宮内庁御用達」に関してや、「宮家」「華族」に関してなど、皇室とその周辺に関しての記述を私は特に興味深く読ませて頂きました。

勿論掲げられているボンボニエールの写真はどれもこれも気品があって美しく、私などが絶対に招かれることのない煌びやかで厳かな皇室の饗宴にうっとりと思いを馳せて眺めています。

扇子忠氏はまた今本をご執筆中とのこと。発売されれば教えていただけると言うことで、今度はちゃんと本屋さんで購入させて頂きたいと思っています。但し、今度の本は趣味ではなくお仕事のお話だそうで、これもまた私には興味深い職種のようですので楽しみです。

こんなご縁をネットで得られたことがとても不思議で、そして本当に嬉しく心が温まりました。
いつも私はネットで知り合ったお友達に元気を貰っています。感謝。

スポンサーサイト


コメント

  1. mitiko | URL | -

    ボンボニエール

    久しくお邪魔致します。ボンボニエールの話が出ていましたので・・。
    有名すぎてなんですが、紅葉の美しい実相院でボンボニエールを
    よく堪能していました。ほんとにあれはうっとりします。
    では短文ながら失礼しました。

  2. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    こちらこそ

    最近ブログの更新もなかなか出来ず、リンク先の方々のブログを読むことも滞りがちで、不義理してしまっています。

    mitikoさんもボンボニエールはお好きですか?
    私は京都にすみながら、京都の有名な社寺にあまり行ったことがないのです。
    子育てが一段落したので、これから主人と色々と観て回ろうと思っています。
    実相院にも行ってみます♪
    最近娘のお友達のお知り合いの方が門跡になられたとかで、娘から門跡について質問され、しどろもどろで説明しました(^^;
    娘から一緒に「京都検定の勉強をしよう」、と言われています。

  3. sy | URL | -

    面白かったです

    勉強になりました。ヤフーからきました。コメントで失礼しました。

  4. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    初めまして♪

    ブログでは色々な方との出会いがあります。
    syさん、コメントをありがとうございました。これも大切な出会いです。
    楽しいブログを書いて行ってくださいね。

  5. 扇子 忠 | URL | EAMnqf76

    Re: ネットでの出会い『皇室の饗宴とボンボニエール』

    改めて貴方のサイトを拝見致しました。以前、拙著のことで既述して戴きましたが、去る5月に新たなボンボニエールの図録を上梓したものを進呈致したいと存じます。小生のメール・アドレス宛にご連絡下さい。

  6. 榊 真央 | URL | -

    ご無沙汰しております!

    今年の5月上旬に上京した際、確か山手線の広告で「ボンボニエール展」をまた開催されているのを知って、どうしていらっしゃるかしらと思っていました。この時にご本を出されたのですね。
    甘えてばかりでは申し訳ないですので、是非是非購入致します。
    最近更新するときくらいしか、自分のブログすら見ていないので、お返事が遅れてしまって失礼致しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/333-b3118e29
この記事へのトラックバック

( 金属工芸 )についての最新のブログのリンク集

金属工芸に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。