スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西本智実指揮大阪フィル公演

2008年08月28日 15:20

今月2度目の京都コンサートホールでのクラシック鑑賞。

以前からナマで見たい!と思っていた女性指揮者・西本智実さん。



席は後ろの方で悪かったのですが、いやぁ素晴らしい演奏でした。コンマス(『のだめ』で覚えたのを通ぶって使いたいらしいふるーつ☆Cultivation・笑(小))の男性と差がないほどの長身で、これまた指フェチの私にはタマラナイような白く長い指で振るタクトに目が釘付けハート

大阪フィルハーモニー交響楽団を率いて、女性であることを忘れてしまうほどダイナミックでかつ女性ならではの繊細な指揮ぶりに、うっとり。また同じ女性として、とっても元気を貰いました。

鳴り止まぬ拍手、拍手、拍手。私も思いっきり拍手しました。手も振りました。あまりに力強く拍手したために、指輪[m:86]をはめていた指の付け根に血豆が出来ました苦笑い←アホ・・・。

今回の曲目

ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲

スメタナ:交響詩「わか祖国」より”ヴィシェフラド””モルダウ”
この曲には思わず涙しました。

チャイコフスキー:交響曲第五番 ホ短調 作品64
 第一楽章 アンダンテーアレグロ・コン・アニマ
 第二楽章 アンダンテ・カンタービレ、コン・アルクナ・リチェンツァ
 第三楽章 ワルツ:アレグロ・モデラート
 これ、最高によかったです。
 第四楽章 フィーナーレ:アンダンテ・マエストーソ

クラシックに造詣が深いわけでは全くありませんが、とにかく西本さんの指揮がかっこよく、袖に入る時の大またでカッポする姿もめちゃくちゃ男前で、宝塚の男役さんみたいでした。

ビジュアルを誉められるのは西本さんご自身としては不本意なのかもしれませんが、そこからクラシックに興味を持つのもいいんじゃないかと思います。そこここで女性ファンが手を振ってましたから、想いは私と同じかも~。

長い腕がまるで踊るように流れる様は絵のようでしたし、綺麗に梳れた髪が優雅。男性だったら汗にまみれるほどの運動量なのに、芳しい香りが漂ってきそうなくらい清潔感のある髪をかき上げる姿にこれまたうっとり
左腕を上に突き上げるように力強く延ばし、右手でスパッと切るようにタクトを振る姿を見て、「シトワイヤン、行こう!」のオスカル様を思い出しました。
ダメだ!またダーリン(?)を見つけてしまった・・・。

あと、やっぱりシンバルは反射的に笑ってしまうんです。ごめんなさい・・・。『交渉人 真下正義』のボレロの印象が強烈すぎて、シンバルを見ると思い出してします。


休憩時間にDVDを購入。今朝はずっと観ていました(聴いていたが正しいのでしょうか 笑)。

また是非西本智実さん指揮のコンサートに行きたいです。今もかなり興奮気味絵文字名を入力してください
スポンサーサイト


コメント

  1. あぷり | URL | -

    西本智美さんはCMなどでしか拝見したことがないんですけど、メチャクチャかっこいいですよねどこがって言えないくらい全部!
    あ、NHKの「スタジオパークからこんにちは」に出演してらしたのも見ました

  2. 榊 真央 | URL | 4eg7mJls

    「スタジオパークからこんにちは」!

    「スタジオパークからこんにちは」は見ていませんでした。もっとチャックしておけばよかったです。

    あぷりさんのコメントは携帯で読ませていただいていたのですが、28日にはスカパーの「日経CNBC」でインタビュー放送があったんです。急いで契約しようとしたのですが、いくら探しても番組がみつからない。うちは「e2byスカパー」なのでした(;;)。

    どんなことを話されたのか・・・。
    ほんとうにパワフルで素敵な女性ですよね。しかも美しい!
    世界で注目される女性100人の中に入るにふさわしい方です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/363-b7068e96
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。