やっと、ドラマ

2009年12月08日 15:37

早いもので、もう12月!びっくり。


さてさて、やっと時間が出来てドラマを見ようと思っていたら、主人が『LOST』にズボズボに嵌りまして、メインデッキを専用する始末。私は辛うじて嵌らずに留まりましたが、嵌るのも時間の問題かも。ともかくウチの主人は仕事が忙しくなると海外ドラマに嵌るんだ、と結婚25年にして分かりました。

今、リアルタイムで観ているのは『不毛地帯』と『JIN-仁-』だけ。

不毛地帯

評判が芳しくないみたいですが、私はかなり高得点つけてます。ただ、暗いですね。昭和を意識しすぎた作りもノスタルジックというよりも暗い気分だけが残って、後味が悪い。エンディングの曲をもう少しドラマチックで勇壮なものにしたら、また違うと思うのですが。

その点でも『白い巨塔』に比べて面白みに欠けるような気がします。残念に思ったのは、キャスト。インドネシア華僑・黄乾臣と日東交易社長・安蒜孝一。それぞれ石橋蓮司さんと団時朗さんが演じています。好きな俳優さんですし、このお二人に不満があるのではなく、なんでここで日本人を使うかなぁ、と。

1979年に放送されたドラマを踏襲したものかもしれませんが、今の時代ならそれなりの配役が可能だろうし、その方が自然だと思うのですが。日本語を母国語とする人の、無理な片言日本語は違和感があるように思います。

平成の今、昭和を描くことは難しい。車のみならず、家電や着物、洋服、髪型に至るまで、これはスタッフの心意気を感じます。

JIN-仁-

これはもう文句なしに面白い!!

我慢出来ずに原作漫画を16巻まで読んでしまって各エピソードの結末を分っていても面白い。原作のエピソードの繋げ方も上手いなぁ。毎回、涙なみだ
主婦友さん(ご主人も息子さんもご実家も医者)に教えたら、2話から見て夢中になったようで漫画も全巻買って息子さんと一緒に読んだそうな。もうひとり、実家がかつて徳川の御典医だった友達にも薦めました。まだ見ていないようですが、感想が楽しみ♪

大沢たかおさんってノーマークの俳優さんだったのですが、いいなぁ~って。単純ですからね、私は 『地下鉄(メトロ)に乗って』くらいしか彼の作品を観ていないので、なんか怖そうなイメージがあったのですが、あのタレ目ですもんね、優しい感じがいいわ。癒される。

緒方洪庵の武田鉄也さんもとってもよかった。彼が死んだ回は、号泣しましたよ。原作を超えてたわ。あと2回の放送なんて寂し過ぎる。原作もまだ続いているので、是非是非続編をお願いします!願わくば商魂逞しくして安易に映画に逃げんで下さい。と、TBSの友達に直訴しました。


坂の上の雲

まだ第一話しか観ていませんが、これは凄いドラマだ!制服を見ているだけでもヨダレが・・・、って見どころ間違ってます。

冗談はさておき(結構本気だったりしますが)、映画以上の作りで満足。芸達者な役者さん達なので、ところどころにある笑いも心地良いです。原作の世界感をきちっと描いているように思います。VFXもかなり完成度が高く、チャチな映画よりもずっと自然な出来になっています。

3年、13回の放送というのは贅沢です。脚本が野沢尚さんだということは構想何年にして完成することになるのでしょう?改めて野沢尚さんが亡くなったことが惜しまれます。今原作を読んでいます。

東京DOGS

小栗旬くん見たさに、昨日一気に5話観ました。メゲました・・・。撃ち合いがあまりにもショボイ。有り得ないシチュエーションの上にショボイ・・・。でも最終回までみます。きっとあの声は仲村トオルさんだから。勝地涼くんは、しどころのない役をとっても上手く演じていると思います。やはり舞台で培った力は大きい。


交渉人』(リンク先、音が出ますのでご注意下さい)

筧利夫さんへの愛だけで観ています。筧利夫さんへの愛だけで映画も見に行きます。どうも柳葉さんも機長役でご出演のようですし。

私はどうも米倉涼子さんと上戸彩さんのドラマが苦手・・・。作品よりも主役がとにかく前に出ている感じがするからだと思います。せっかく脇にいい役者さんを配していても、その良さを発揮できてないように思うのですが・・・。その想いがどうしてだか最近分りました。プロダクションの力が大きすぎるのではないかと。エンドクレジットにプロダクションの名前が出るドラマってここ以外にあるかなぁ。しかも「企画協力」だし・・・。と、

ライアーゲーム シーズン2

「17ポーカー」は面白かったです。これも映画に繋がるわけで、少し食傷気味です。
スポンサーサイト


コメント

  1. maruoh | URL | AFDz0iUo

    Re: やっと、ドラマ

    いつも番組評論を楽しみにしております。

    不毛地帯、昨夜久しぶりに途中から見ました。
    当然、ストーリーはよく把握できてませんが、エンディングに注目してました。

    >エンディングの曲をもう少しドラマチックで勇壮なものにしたら、また違うと思うのですが。


    モノクロのシベリアの収容所に主人公が佇んでいる画面で、男臭さ満点のトム・ウェイツのトムトラバートブルースでは確かにトゥーヘビーかも。

    トム・ウェイツは好き嫌いが分かれそうなので、いっそ坂の上の雲みたいにサラ・ブライトマン調だったらずいぶん雰囲気が変わり、女性の支持を受けるかもしれませんね。

    エンディングの曲は確かに大切だと思います。

    それから、坂の上の雲の本木雅弘さん、あと5キロ減量したらもっと明治の軍人らしくなると思いますが、ドラマ自体はとても良く出来ていますね。

  2. 榊 真央 | URL | -

    コメントありがとうございます♪

    > いつも番組評論を楽しみにしております。
    いやぁ、お恥ずかしいです。私の視点はちょっとひとと違うように思いますが(^^;


    > モノクロのシベリアの収容所に主人公が佇んでいる画面で、男臭さ満点のトム・ウェイツのトムトラバートブルースでは確かにトゥーヘビーかも。


    トムウェイツを懐かしむ私の友人は、これが良いというのですが、私はあまり記憶にないのでただただ重いとだけ感じてしまいます。『白い巨塔』は ヘイリー・ウェステンラのアメイジング・グレイス。サラ・ブライトマンと同じく澄んだ女性ボーカルでした。サラ・ブライトマンは『坂の上の雲』と、今年は『アマルフィ』でも使用されたので、二番三番煎じになってしまうのでダメでしょうけれど、せっかく坂本龍一氏を起用されているのですから、エンディングも彼のオリジナル曲でよかったのではないかと思います。

    エンドロールがかつての邦画のように縦書きで、右へ流れて行くのは好きなのですが、ナレーションの声といい、ラストシーンのカットといい、かなり過去の映画を意識しすぎているなぁと思います。

    調だったらずいぶん雰囲気が変わり、女性の支持を受けるかもしれませんね。
    > それから、坂の上の雲の本木雅弘さん、あと5キロ減量したらもっと明治の軍人らしくなると思いますが、ドラマ自体はとても良く出来ていますね。

    確かにちょっと恰幅が良すぎるかもしれません。昨日、2話と3話とを続けてみたのですが、3話で少し痩せたように感じましたがどうでしょう?

    『JINー仁ー』 TBSの友達に、あの日直訴したのですが、かなりキコシメシテいたので覚えてないかな?出来ればプッシュしておいて下さいませ。

  3. 斑目 | URL | -

    Re: やっと、ドラマ

    もう最終回となってしまいますが、NHKの「外事警察」もおもしろいですよ。公安対テロが題材です。なにかの機会にご覧になってみてください。

  4. 榊 真央 | URL | -

    Re: Re: やっと、ドラマ

    > もう最終回となってしまいますが、NHKの「外事警察」もおもしろいですよ。公安対テロが題材です。なにかの機会にご覧になってみてください。

    斑目さん、お久しぶりです!
    『外事警察』は全て録画しているのですが、まだ観る時間がなくって観ていません。
    一気見する予定です♪原作が麻生幾さんなのでとっても楽しみにしていたのです。

    さてさて、踊る大捜査線オフィシャルサイト、今夜未明あたりに動きがあるのでしょうか?捜査員登録だと思うのですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakakimao.blog35.fc2.com/tb.php/405-d7a67fc1
この記事へのトラックバック