スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『じゃじゃ馬馴らし』万歳!

2010年11月18日 14:40

じゃじゃ馬馴らし



11月13日(土)、筧さん大活躍の『じゃじゃ馬馴らし』をマチネで観て参りました!

もう凄い!面白い!美しい!かっこいい!ちょっと腹立つ!でも感動!

今でも頭の中をグルグルと色んな感情が渦巻いております。

カケイストとして最初に挙げるとしたら、やはり舞台人・筧利夫の凄さ。もう私はヘトヘトでメロメロ。あの膨大な台詞を今まで以上の速度でまくし立てる凄さ。ずっと動き続ける体力。驚きっぱなしで息をするのを忘れてしまうほど。

幕間でトイレに行くと、そこここで聞こえる「筧さん凄いよね~」の声。ちょっと不真面目なカケイストの私ですが、ニンマリしてしまいます。あなたにどこまでもついて行きます!

市川亀治郎さんも勿論素晴らしい。歌舞伎の世話物のような台詞回しもこのシィクスピアのお芝居にはぴったりだと思いました。たまに発する男声もオールメールならではのご愛嬌。宝塚でトップ男役が女声を出すことはないので、これもまたフィクション性を高めて「馴らし」という理不尽な調教を緩和するひとつかなと。

全ての俳優さんが全力投球で、パズルがバシバシっと嵌っていく心地良さを感じました。台詞ひとつひとつをちゃんと咀嚼するには1度の観劇では無理!堪能するためにせめて後1度は観たかったです。

初めて蜷川演出の舞台を観た私は、月川悠貴さんの存在にびっくりしました。ビアンカ、美しい!美し過ぎる!結構薄めに見える自然なメイクであの美しさはもはや罪です。調べてみたら30歳を超えていらっしゃる!?どうみても10代の可憐でウブな娘にしか見えないのです。山本裕典君演じるルーセンショーとのイチャイチャなんて、二人とも可愛らしくてドキドキしちゃう。

DVDででもいいから彼の出演する舞台を全て観たくなりました。これはいい人を見つけたわ~。

さてさて『じゃじゃ馬馴らし』。今これを上演するのは難しいと言われているみたいですが。というか、あの時代からずっとこの「女を調教する」というお話には賛否両論、様々な解釈がなされて演じて来られたとか。でも未だにこれを演出したいという演出家がいて、これを見たいと思う沢山のファンがいて、決して葬られることのないお芝居なのですから、「どの時代でも受け入れられ難い」という受け入れがなされているわけで・・・。それはただ「面白いから」だけではなく、その時代時代の男と女の関係を映す鏡であるからではないでしょうか?

私はこのお話を最初に観たのは(原作は読んだはずですが)実は宝塚歌劇ででした。昨年亡くなった私の大好きな大浦みずきさんのトップお披露目公演が『キスミーケイト』。ハリウッドのミュージカル映画で有名なお話ですが、この中で劇中劇として演じられるのが『じゃじゃ馬馴らし』なのです。

フェミニズムの観点からするとDVだらけでとんでもない話ではありますが、虚構に虚構を重ねた宝塚版『じゃじゃ馬馴らし』は、私には決して不愉快なものではありませんでした。男が女を自分好みに「調教する」というのもわりとスンナリ受け止められました。今回見た蜷川版よりもずっと暴力的でお尻を何度もぶたれるシーンもあったのに・・・。

私も新婚だった頃に今回の『じゃじゃ馬馴らし』を見たら、キャタリーナの最後の演説(?)に反発を感じたのかもしれませんが、結婚して25年以上も経つ今となっては「命を掛けて妻のために稼ぎに出てくれる(詳しい台詞は覚えてないです)」なんて言われると「本当に感謝してます」と胸が熱くなりこそすれ、反感なんて感じない自分がいました。一緒に観ていた主人が隣で大拍手してたのがちょっと腹立たしかったけど(^^;

うちはこうなるまでに25年掛かっているのも事実(笑)私もかなりのじゃじゃ馬でしたから。主人の車の助手席に乗っている時に喧嘩して、まだしっかり止っていない車の助手席から飛び降りてタクシーを拾ってひとりで帰ったり。喧嘩した翌日主人の留守中に2tトラックを借りて、殆どの私のものを荷造りして乗せて家を出たり。かなり過激なことをして来ました(^^;

で、その度に墓穴を掘っています。結局物事は主人の思惑通りに運び、私はただただわめいていただけ。手のひらの上で暴れていたに過ぎません。それを知るのに20数年掛かったわけです。

なのでキャタリーナは偉い!ペトルーチオの荒療治が功を奏したとも言えますが、わずかな期間でそれを悟った。あの時代女は仕事を持つわけでもなく、実家の持参金だけが頼りの中で、男を気持ちよく働かせるには貞淑な妻であることの方が利口であると知ったから。ペトルーチオもただのお馬鹿な暴力夫ではありません。そこは間違えちゃいけない。現代にあるDV夫とは全く違います。ペトルーチオの愛と優しさはきっと二人が最初に出会った時のあの丁々発止の言葉の応酬で感じたのでしょう。

またこの演説の言葉から知れること。決して女は男の奴隷ではないということ。女には女の役割があるということ。これもはっきりした台詞を覚えていないのですが、「柔らかな女の肌で夫を」みたいな台詞。おんなの柔肌と笑顔は最強の武器なんです。外に出たら7人の敵がいると言われる男社会の荒波に出て行く夫に、妻の優しい言葉と柔らかな唇のキッスがあれば、はっきり言って単純な男は、その日一日仕事を頑張れるんじゃないでしょうか。世の中の全ての夫が優しい妻に見送られて職場に行けば、イライラもなくいらぬゴタゴタも無くなって、ひいては世界平和にも繋がる。なぁんてあながちウソっぱちでもないと思うのですが・・・。実は私、今回はここのシーンで泣きました。亀治郎さん万歳!

性差役割分担は悪だと声高に言う人もありますが、私はそれはナンセンスだと思います。また世の中で男か女かどちらが優秀かなんてこともナンセンス。お互いを補いあうものとして、男女があるのですから。

筧さんが出演されていたので真剣に見ていたNHKの「女と男~最新科学が読み解く性~」ここで紹介されていたことを思い出しています。男と女、反発しあうものでは決してないのです。このこともまた聡明なキャタリーナには分かっていたのではないかな?

シェイクスピアが何を考えてこの戯曲を作ったのかは私には分かりません。悪妻に苦しめられていたから腹いせだったのかもしれないし、世の女性が強くなっていくことを懸念してのことだったのかもしれない。時代を超えて読まれたり演じ続けられるものには、普遍的なテーマがあるのだと改めて感じました。

ついでに・・・

かつて娘が「結婚詐欺って何?」と聞いてきたので「結婚する気もないのに、結婚するから~という殺し文句でお金を巻き上げる詐欺のことよ」と言ったら、「ふうん。結婚してもグータラしてて女房を働かせることかと思った」って・・・。

今若い子の間では専業主婦願望がまた強いのだそうで。男女雇用機会均等法で女が出来る職種も増えたとはいえ、まだまだ大企業の重役なんてものには女はなれない。家事を殆ど全てこなし、仕事もして、その上子供を産め、だなんて女に求められるものが多い今、若い娘たちが結婚したがらないのも分かるような気がします。その反面「イクメン」なんて言葉も流行って男性にも育児休暇をなんてことも言われる。さてさてこれから先男女はどんな風に役割を担って行くのかな。そしてまた10年後にこのカンパニーで『じゃじゃ馬馴らし』をするとしたら、どんな演出になっているのでしょうか。また是非是非観たいです。

【OD3】踊る大捜査線 THE MOVIE 3、とりとめもない乱文なのにネタバレだけは激しい感想2

2010年07月06日 16:47

昨日は辛口の感想をツラツラと書いてしまいました。期待が大きかっただけにかなり見方が偏っているなと思いますが、どなたの感想も読まないまま、パンフレットも読まないままの私の第一回鑑賞後の偽らざる想いです。

今日もまた思いつくまま、『OD3』について少し。文章に纏められないので今回もほぼ箇条書きで。

これまたネタバレを含みますのでご注意下さい。




○ 細川くんが帰って来たぁ~~~。ってか、細川くん、全く昇進も異動もなかったのか??

  「細川くん」とは貴山侑哉さん演じる新城さんの部下。フィリピン語を話せるので、もっと違う部署に変わったのかと思ってました。今度は一倉さんの部下みたいでした。

○ 野口が精神を完全に病んで医療刑務所に入っているということは、これですみれさんはもう安心なのかな。

○ 今回「捜査一課課長」っていましたっけ?一倉さんは「管理官」になっています。一倉さんの階級と役職がかなり謎。ドラマのころにすでに薬物対策課管理官で『OD2』で捜査一課課長。部下の不祥事で『容疑者 室井慎次』でもまだ捜査一課課長で階級もまだ警視正。
  パンフレットを見ても「完全読本」を見ても、どうも「管理官」と「課長」の役職の上下を間違ってらっしゃるとしか思えない。管理官は、課長代理あるいは課長補佐ですので課長(警視正)より下です。踊る大捜査線ワールドでは捜査一課の管理官はキャリアが就いていますが、本当はノンキャリアが多いのです。
  ほんとに、一倉さんはどうしたのでしょう?同期の室井さんの階級が「警視監」だというのに、一倉さんは階級では2つも下だなんて。

○ 階級と役職のことで思い出したこと。先日の『平成教育学院』でのユースケさんの言葉で「?」と思ったこと。
  室井さんのことを「警視庁ではナンバー2ですよ」
  2つの意味でちょっと違いますよね。まず室井さんは今回警視庁の人ではないです。役職「警察庁長官官房審議官」で階級が「警視監」。なので「警視庁」ではなく「警察庁」。そして警察組織の上から2つ目の階級ではありますが、「ナンバー2」ではない。警視庁のナンバー2は「副総監」ですし、警察庁のナンバー2は「次長」です。
  「警視監」という階級の警察官僚は全国で38名いますが、「長官官房審議官」というのはそれほど上の役職ではないみたいです。「次長」も「局長」も階級は警視監ですから。

○ 『笑っていいとも!』で織田さんが仰ってた見せ方の順番の話。私は観客が分かっていて「死」に対する怯えを笑いものにするよりも、観客も一緒に悩んで後で笑えた方がよかったなぁ。

○ 日向真奈美を背負って出てくる青島くん。ここは普段の私ならば号泣シーン。和久さんとの思い出も詰まった湾岸署を爆破しようとする犯人の命を、命がけで助ける感動のシーンですもの。事件に大きいも小さいもないように、命の価値に大きいも小さいもない。釈迦の前世物語をも思い出して、今思い出すと泣きそう。何故、劇場では感動出来なかったのでしょう?やはり極度の緊張もあったのかも。


長々書いているついでに、「釈迦の前世物語」をご紹介。
 
鳩が鷹に追われるのを見て哀れに思った釈迦は鳩を懐にかくまった。それでは俺が飢え死にすると怒る鷹に釈迦は鳩の重さだけ自分の肉を切り、鷹に与えることにした。しかし天秤にいくら肉を乗せても鳩と釣り合わない。最後に釈迦が体ごと天秤に乗るとやっと釣り合ったという。鳩の命と釈迦の命、命の重さは等しく貴いのだと・・・。(これ、今私のお気に入りのドラマ『蒼穹の昴』でも出て来ました)

こんな話とか、宝塚の『テンダーグリーン』の歌詞とか思い出したりすると、様々に思いが膨らんで涙。「命の重さ」「生きている」こと、これを問うのであればもう少しドタバタ喜劇色を消したほうが・・・、とか思います。

などとどうでもいいことを・・・。早く二回目を見に行かなくっちゃ。

『笑っていいとも!』テレフォンショッキング、明日は柳葉さん! #od3

2010年07月05日 12:58

「笑っていいとも!」、青島くん(織田さん)から室井さん(柳葉さん)へ!

『OD2』の時と同じパターンで、うれしい「青島・室井ごっこ」。今回は前よりも長かったです。

青島:もしもし。

室井:もしもし、室井だ。

青島:お疲れ様です。

室井:どうした、青島?

青島・いやぁ、実はなんスけど、明日ちょっと現場来てもらえないっすか?

室井:俺が現場に行っていいのか?

青島:是非、お願いします。

室井:分かった。後は俺に任せろ。


『OD3』本編よりも泣けるのは何故?

つらつらと尤もらしく辛口感想を書いたって、結局私が拘ったのはやはり「青島と室井の約束のお話」ではなかったからなのかもしれません。

【OD3】『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』激ネタバレ、しかも辛口感想です

2010年07月05日 12:09

7月3日(土)、舞台挨拶中継付11時40分の『踊る大捜査線 THE MOVIE 3(以下OD3)』を観て来ました。
全国41ヶ所生中継なんて邦画史上初の試みではないでしょうか?
聞き慣れたR.A.Pの曲が流れ、キャストが次々に現れる所でもう既に目がウルウル状態の私。
初日の興奮を満喫致しました。

そしていよいよ『OD3』が始まりました!

ココから先はかなりのネタバレです。しかも感想は辛口です。ごめんなさい。








一度観ただけですが、結論から言って期待していたほどの面白さは感じなかったのです。
ホンテンスキーな私ですので、「新城賢太郎さんが出てなかったからでしょ~」「室井さんの出番が少なかったから~」ということでメジャーな感想ではなくなってしまいそうで、今まで感想を書けずにいました。でもやはり第一回目を見た率直な感想を整理しておかなくっちゃと思い、こうしてPCの前に座っています。

これは一度しか観ていない私個人の感想ですので、間違った見方や見落としもあるかと思いますが現段階での不満点などをつらつらと箇条書きしてみます。

○ オープニングが「1」や「2」のようにスタイリッシュではなかった。

○ 2時間以上の尺は長すぎるように思う。

○ スリーアミーゴスが絡む以外の場所では笑えなかった。シリーズでは笑えた絶妙の「間」が今回はとても間延びして感じた。

○ ドタバタ喜劇が作品の中に溶け込んでいない。閉じ込められた湾岸署の面々のそれぞれの活躍を見たかった。今回は群像劇ではないと言われればそれまでだが。

○ 一倉管理官があまりにもヒステリック過ぎて・・・。

○ 医者があんなに簡単にガンの宣告をしないだろうから、あの深刻さがあまり理解できない。なので、あの後の一連の青島君の行動などがしっくり来なかった。原点回帰のコメディだからと言われればこれもまたそれまでなのですが。

○ 「電源を落とせばいいのに」、そんな簡単なことがオチというのもどうかと・・・。これだけの堅固なセキュリティなら主電源を切るのもそれなりにロックが掛かっているのでは?ならば犯人もここのマニュアルも書き換えていると思う。

○ 裏で操る真犯人が日向真奈美というももどんなものか。『OD3』にはやはり新しい犯罪、新しい犯人を期待していた。

○ キャラ総出演なのに、あまり記憶に残らない。もっと絞った方がよかったのでは。

○ 希望としては、あの小学生は今は警察官になっていて欲しかった。

○ 湾岸署が爆破されるのは見るに忍びなかった。これが「さらば湾岸署」なのか(;;)

17枚、チケットを買っていますので、これからもまだまだ観ます。最初に感じた違和感を引きづったまま今回観てしまっているので、全てが否定的なのかもしれません。なので、何度か観たらもっと違った見方ができ、よかったと思えるのかもしれません。

でもたいていの方は1度の鑑賞ではないでしょうか?新しいファンを増やすには、初めて劇場に足を運んだ方たちがリピートしたいと思うのでなければ・・・。『OD1』も「面白かった!」というクチコミでどんどんと観客動員数が増えて行きました。今回の『OD3』の初日観客数はあの『OD2』すら超えたそうです。でもこれからもっとこの数が増えて行くのか。それははなはだ疑問です。

私は踊る大捜査線を愛しています。踊る大捜査線を愛するNW捜査員さんも大好きです。だからだから、『OD4』にしっかりと繋げて行って欲しいのです。

今日はまずここまでの辛口感想だけで失礼します。





いよいよ今週末から踊る大捜査線 THE MOVIE 3! #od3

2010年06月28日 15:18

「リア充」というにはほどがあるよ、というほどの連日の大忙し。そこへ持って来て「W杯、日本代表決勝トーナメント進出!」という嬉しい予想外の出来事。

そろそろブログもmixiも更新しなくっちゃ、と久しぶりにブログの管理者画面を開こうとしたら、開けな~い。笑っちゃう。こんなに間が開いてたのですね。

いつも自動ログインしていたから、IDもパスワードも完全に忘れてしまっていました。何とか自分のブログに書き込むことが出来るようになりました。

踊る大捜査線ファンのNW捜査員の皆様はどこで初日を迎えられるのでしょう?

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3(以下OD3)』は絶対に東京で初日を迎えるぞと意気込んでいたのですが、残念なことに私のダーリン・新城さんの出番がないことを知った時にこれは断念しました。ささやかな抵抗かな?次回があることを期待して、そしてそれには必ずや新城さんが出られると信じて、今回は涙を飲んで上京しませ~ん(;;)

とは言え、今回はうれしいことに初日舞台挨拶は他の劇場でも中継で見ることが出来ます。先日前売り開始の26日に日付が変わるのを待ってPCと携帯をでネット予約を試みました。そして無事初日舞台挨拶中継付き上映のチケット確保!

前売り券は既に13枚購入していたので、これで15枚♪このうち何回私は観るのだろう・・・。

『めざましテレビ』でも今朝から5日間『OD3』情報。2日(金曜日)には織田裕二さんが生出演。今夜からはスリーアミーゴス主演の『深夜も踊る2』。フジテレビのW杯番宣は踊るとのコラボですし、アフラックのCMもスリーアミーゴスバージョン。痺れるような『OD3』の新しいCM。お祭りムードが私の中でどんどん加速。

いやいや、あんまり期待しすぎるとだめだめ。冷静に、冷静に。もういい年喰ってんだから。期待し過ぎて「『OD2』で結構辛口コメントしたんだから・・・。とかも思いつつ。

実際懸念がないわけではありません。前述したように、新城さんや沖田さんが出ないということは、今回は湾岸署のお話なのだろうな、と言うこと。「原点回帰」とはそういうことなのでしょう。「ある意味青島のスピンオフ」だと監督も仰ってましたし。

『OD3』関連情報が掲載された数々の雑誌やオフィシャル本を読んでも、どうも私が好きな「青島くんと室井さんの約束の物語」ではないような様子です。調整役の鳥飼管理補佐官という新しい役どころには興味津々ですが、今回の『OD3』を「踊る大捜査線の新たな始まり」と位置づけて青島くんとのコンビが鳥飼くんにシフトしていくのならそれはとっても寂しい。

期待や不安、色んなものがないまぜになって、古くからのファンはこの一週間息苦しいまでの緊張を強いられることでしょう。監督の緊張に比べたらちっちゃなちっちゃなものですが、7年も待って生まれたこの『OD3』ですもん、今までの踊る大捜査線ワールドの中でしっかりと息づいて欲しいです。だから誕生に立ち会う看護助手くらいの気持ちでいさせて頂こうと勝手にドキドキしています。

祈願!サッカー日本代表、ベスト4!そして、そして、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』大ヒット!

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』 完全読本 (ぴあMOOK)『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』 完全読本 (ぴあMOOK)
(2010/06/21)
不明

商品詳細を見る


キネマ旬報 2010年 7/1号 [雑誌]キネマ旬報 2010年 7/1号 [雑誌]
(2010/06/19)
不明

商品詳細を見る


オトナファミ 2010 August 2010年 7/29号 [雑誌]オトナファミ 2010 August 2010年 7/29号 [雑誌]
(2010/06/21)
不明

商品詳細を見る

今日の「快盗愛子」と踊る「感謝状」 #od3

2010年03月24日 14:27

このままフェイドアウトしそうなくらい、ブログもmixiも更新してませんでした。
140文字で完結するツイッターは魔物です。結局数回ツイートするので、合計したら一日にかなりの文字数を書いていることになるのですが、細切れの時間で出来るから書き易いですね。

でも、今日はちゃんと長いものを書いてみよう。てか、書くと長い私・・・。

今朝の『めざましテレビ』踊れ快盗愛子・盗品ファイル06「"踊る"愛」には興奮しました~。

青島くんと室井さんの久しぶりのツーショットには涙を禁じえません(マジ・・・)。ちょっと落ち着いた大人の雰囲気のすみれさんがまた素敵。

そして、やったぁ~。本店好きの私としては、池神さんのご登場を確認出来たのが小躍りするほど嬉しい!『容疑者 室井慎次』では「警察庁次長」だった池神さん。今度はもしかしたらこの方が警察庁長官?

「円卓の騎士」のシーンをコマ送りで見ましたが、後はお馴染みのお顔は確認できず。

柳葉さん曰く「室井はあの会議室の中では末席なんです」あそこにいたのは「警察庁長官、次長、官房長、刑事局長」辺りかな?あと警視庁からも何人か居たのでしょうか?

「やっぱり室井さんは、手は後ろで組むんですか?」と言う軽部さんに「いやいや、室井はこうです!」とキッパリ仰る柳葉さんには痺れる。

室井さんの出演シーンの8割が会議室ということは、青島くんとの絡みはあのシーンだけなのか・・・。

「生意気な」鳥飼管理補佐官が、青島に触れて変わって行くところも見どころかな?室井さんと青島くんのいいパイプ役になってくれるのか・・・。

会見の時に「残念な感じのすみれさん」と深津さんが仰いましたが、それはきっと、青島くんのように昇進せず、また結婚もしていないことに関してなのでしょう。キネマ旬報4月上旬号から踊る大捜査線のルポ連載が始まり、信頼できるライターの進藤良彦さんが今回もまた書いてらっしゃいます。そこで、ファンが知りたかった青島くんとすみれさんの席の位置について言及されているのですが、それを読んで位置を想像すると、視覚的にすみれさんの立場が分ったようで、彼女の表情にも注目して映画を見たいと思いました。

「是非次の室井を見たいと思っておりますんで」(軽部)「現場の君たちを信じる」(室井)、これって???「次」って言うのは「OD3」の後ってこと?今回新城さんも沖田さんもご出演がなく寂しく思っているので、「OD3」の成功とファンの声があれば室井さんのスピンオフ2を期待出来るってことでしょうか?

最後にカッコイイ室井さんで去って行くのかと思えば、つまずく小芝居をする柳葉さん。このギャップがたまらんのですわ~。


やっぱ、一旦書くと決めると長い!

先日感謝状が届きました!

踊る感謝状


スタッフルームに差し入れをしたことに関してのお礼の感謝状です。

ROBOTの封筒に入れられ、亀Pさんの手書きのサイン入り、捜査員名入り!世界にひとつだけのもの♪みなさんのお話を聞くと文面も微妙に違う。

メモパッドとボールペンも入っていました。ボールペンは色々違うものが入っていたみたいです。私のは「カエル急便」のでした♪

宣伝と言ってしまえばそれまでですが、これほどファンを思ってくれるスタッフさんはいないと思います。私の差し入れがスタッフルームに届くところを「監視カメラ」でしっかり見ることが出来ました。自分の送ったものを見られたのは勿論始めてのこと。ダンボールを開けて、包装紙を剥がし、賞味期限をチェック、そして送り主をメモするスタッフさんを見ていて、仕事を増やしてしまったなぁと心苦しく思ったのに、こんなお礼をしてもらえるなんて・・・。感動、感動、感謝でした。

全て含めて「私の踊る」、これからも応援し続けるんだと強く心に誓った榊でした♪

サブタイトルは「ヤツらを解放せよ!」

2010年02月24日 06:53

『めざましテレビ』によると『踊る大捜査線3』のサブタイトルは「ヤツらを解放せよ!」

そして室井さんの役職と階級は柳葉さんによってたどたどしく公式発表されました!

役職は警察庁長官官房審議官

階級は警視監

昨夜、ネットニュースでもすでに詳しく紹介されていましたが、「警視庁長官官房…」などと明らかな間違いもあり、この耳で聞くまで納得できなかったのでやっとわかったわ~です。

警視監、20万人の警察官の中で30数人しかいない階級。
どうやったらそんなに出世出来たのか、興味津々。

偉くなってね、と思っていたけど、偉くなりすぎ~(笑)

現場にいる一倉さんはまだ警視正?

新城さん、沖田さんのポストも気になる。

気になる室井さんの役職(ちょい辛口かな)

2010年02月23日 11:34

本広監督のツイートによると、本日の夕方『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』の制作発表があるそうです。っということは明日の「めざましテレビ」は必見ってことですね。

やっと私が気になっていることのひとつ「室井さんの役職と階級は何か?」が明らかにされるでしょうか?

よくよく考えてみたら、まだ公式発表はないですよね?

メディアであたかも公式発表のように書かれているものもどれも同じではないのでヤキモキしています。

信じて疑わなかった昨年12月16日のサンスポでは・・・

役職は「警察庁長官官房審議官」階級は「警視監」。

ここでまず疑問だったのは、「警視監」なんて凄い階級で、とても広島県警に左遷された室井さんが4年でなれるような階級ではないということ。

他のメディアでは役職は同じ「警察庁長官官房審議官」ですが、階級は「警視正」のまま。これはまたこれで有り得ない組み合わせ。

OD3雑誌



で、今回購入した「オトナファミ」では・・・

役職が「内閣官房補佐官」となっています。ここでは階級にはふれず「とあるVIPの見事な警護を讃えられ大出世」と書かれています。
「内閣官房補佐官」なら内閣官房への出向ですよね?これは間違いではないかと思うのですが・・・。
また実際には「内閣官房補佐官」なる役職は存在しません。考えられるのは「内閣審議官」とかですが、これもかなりの階級です。私としては日本のCIAと言われる「内閣官房内閣情報調査室(内調)」だったら面白いと思いますが、「踊る向き」ではないのと、室井さんがここで終わってしまうので嫌です。

私が室井さんの役職・階級にこだわるのは、室井さんと青島くんの関係が『OD3』あるいはその後『OD4』があるとしたら、どうなっていくのかと言うことが気になるから。

今回、管理補佐官という役職で鳥飼くん(小栗旬くん)が投入され、それはそれで新しい風を起こしそうで喜んでいたのもつかの間、偉くなりすぎた室井さんに出番があるのか、と思い一抹の不安を感じたのです。

また、未だに新城さん、沖田さんの情報は皆無。一部では今回は出ないのでな、とウワサされています。監督やプロデューサーが言う「原点に還る」というのは、『踊る大捜査線』を湾岸署のお話に戻すのではないかと受け取れます。

「キーワード」のひとつにあった「円卓の騎士」を見て、これは本店の華麗なショットが見られると思っていたのですが、これもフェイクのひとつでしょうか?

『踊る大捜査線』の本筋は「湾岸署」を描く、そしてスピンオフで「本店」を描く。オーラスでそのふたつが合体する。こんな妄想も私の頭の中では膨らんでいます。もしももしも「本店」を描かない『OD3』であるならば、集大成としてこれで終わらせるわけにはいかない、と本店ファンの私は祈りにも似た気持ちでいるのです。

「CUT」「オトナファミ」ゲットしました♪

2010年02月20日 15:52

「CUT」の青島くん、めちゃカッコイイです。室井さんはやはり室井さんだわ~。

で、「オトナファミ」ですが…
室井さんの役職間違ってないですか?「内閣官房補佐官」って…。「警察庁長官官房審議官」と12月16日付のサンスポにあったのですけど。階級が警視監というのは凄すぎるとは思いますが…。

鳥飼管理補佐官!( #od3 #odoru )

2010年02月18日 08:21

『踊る大捜査線 THE MOVIE3』キャスト。

やっと公表されました!小栗旬く~ん!!

役名は「鳥飼誠一」。役職は「警視庁捜査一課管理補佐官」。階級は多分「警部」。年齢がわからないから「警部補」と言うことも有り得ると思うのですが、青島くんが今回「警部補」なので、「青島くんの年下の上司」なら「警部」かと…。

そもそも「管理補佐官」という役職はリアル警察にはないです。『OD2』の新城さんの役職「審議補佐官」もなかったですし。「管理官」なら「警視」ですから若い小栗旬くんに管理官並の仕事をするために設けられた苦肉の策かな?


何はともあれ、小栗旬くんは「本店キャリア」期待!っ思っていた私は、ダブルで嬉しい♪

そしてもうひとつ嬉しかったこと。一倉さぁ~ん!小木さんのご出演がわかったこと。でもまだ捜査一課課長のままなの?ならば同期の室井さんと開き過ぎ。

スリーアミーゴスも健在。年齢的に退職していらっしゃるかと危惧してましたが、あたかもリアリティなんでいいのではないでしょうか。

あぁ、我らの新城さんは何処に…。

もひとつ。新しい湾岸署の大会議室のロケ地、はっきりどこかわかりました!昨年ある会社の入社式で使われたのを写真で見たから。なんか嬉しい♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。